上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.07.30 時の廻りに
金柑の花が沢山咲いて
 夏の日差しを待ち望んでいる
  真っ白い花
   花はいつも廻りくる季節を約束する
 白い約束
  優しい香りはやがて来る結実の日を
   時の廻り
 そうしていつも未来へ廻る
   飽くことなく
時の廻りは地球を一回りする
 白い約束と同じように
   目が廻るほどにぐるぐると


みよこ@

無断転用禁止
スポンサーサイト
2006.07.30 病室の中で
小さな病室で
  10センチ程開いた窓の外を眺めて
 自分と外界との不自由さに
  痛みに怒りをぶつけた
天井にある換気扇に不自由さと
 痛みを吸い込ませた
  白い壁は痛みを無視し
 怒りも静かに受け止めてくれた
   体温の低さに
 体力の無さを並べて
  涙が頬を濡らした
    悲しくないのに涙は
 乾いた唇を思い切り濡らした
     痛みに明け暮れる日々
  悲しくないのに
 乾いた唇は
  何もしゃべらずに
    涙を欲しがり
 思い切り濡れた
  真っ白い壁に向かい
 何もしゃべらずに
    手はベッドのシーツを
 ぎゅっと握り締めた
2006.07.29 長雨の後で
太陽をこれ程待ち望んだことが
 かってあっただろうか
   雨好きの人でも
もううんざりと
 太陽のあの耀きを待ち望んで
  ようやくその日がやってきた
強い日差しは背中を押して
 前へ歩けと
 言われているようで
   力強さを感じた
頭にふりそそぐ光は
  すべての友の力を
 頂いたような
   そんな気がして

  人は皆幸せというゴールを
目指して歩いてゆくのだろう


みよこ@
無断転用禁止
青い空と大地の間に漂う
 不確実なもの
  守るべき大切な夢
 たった一つだけ
  生きるための
 確かな約束
   自分への約束
守るべき大切な夢は
 持ち続けてこそ夢なのだから
  夢を持つ事
守るものが有ること
 それが生きる全て
 生きることの意味
 未来への道が夢と
  守りたい何かの為に
私は生きてゆく
 青い空と大地の間に漂いながら

みよこ@
無断転用禁止
2006.07.29 激痛の成分
この痛みはいつ止むのだろう
 この苦しみはいつまで続くのだろう
  この痛みの成分を選り分けて
バッグに詰めて
   痛みの荷物を一つずつ捨てて
半分になった時
  気持ちも半分樂になった
 残りの荷物も捨てて
 最初に捨てた荷物を思い出して
気持ちも半分重くなった
  空っぽになったバッグの中は
 思い出で一杯になった
   重くなってまた痛みだして
どうにも捨てられない気持ちで
 憂鬱になっていたとき
   急に空が明るくなって夏空に
今年も
 思い出す夏がやって来た
  痛みの成分はいつも
 夏に爆発する

みよこ@
無断転用禁止
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。