上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.10.31 ホテル周辺

パリホテル界隈


パリの朝は冬時間で薄暗く朝7時でもこちらの5時くらいの感じです。


毎日窓から外を眺めると川沿いにホテルが並んで、その窓まどに灯りがついていて


いかにもフランス的な光景が目に入ります。


毎日ホテルに着くと自分の部屋の番号を仏語で言うか、紙に書いて渡す。


知っていても必ず聞かれます。古いホテルでしたが、エレベーターがあってホテルに合わせた


おしゃれなデザインのエレベーターでしたし、周り階段で0階から2階まで(ファーストフロアーが0階)階段で上ると大変ですが、階段でも上がってみました。


小さなミーティングルームに可愛いピアノが置いてあり、悪戯したところとても良い音色でした。


高い天井との音響がよいのでしょうか。


最近は昔より石畳がなくなって普通のコンクリートやアスファルトの道路が増えてきているそうです。


それでも街の中は故障した水道管から水が溢れたり、近所のスーパーを覗くと店員さんは


座ってレジスターを守っています。


レストランは夜12時過ぎまで賑やかに営業しています。そしてフランス人はよく食べてよく飲みます。


ホテル近くにメトロはあるのですが、目の前にトラムが走っていてトラムにも乗りたかったのですが予定がとれず断念しました。トラムは日本人が設計デザインをしたと聞いておりましたので見るのは見ましたが、乗り場の周囲は芝生でトラムの外観の色もグリーンを基調にしていて街に溶け込んでいました。


日本のように紅葉はあまりなくて自然に葉が落ちる感じでした。プラタナス(すずかけ)の実が揺れ、マロニエの木がそこかしこにあって絵的には充分満たしてくれました。


銀杏の木はあまり無かったですね。クスノキはけっこうありました。


焼き栗売りはモンマルトルでしか見つけられませんでした。袋にも栗の絵が書いてありました。


急ぎ旅でなければ色々調べながらいけたのですが、地下鉄も盗難にあった日本人がいましたので、用心しながらしっかり駅名を読むのが精一杯でした。


飲み物も結構高くて、レストランでは水は必ずガス入りかガスなしか聞かれるので、ノンガズーズと言って注文しました。


珍しい事でしたがパリ3区を歩いているとき、カレンダー売りがいたのですが、聞いたら消防士さん


で、来年のカレンダーで全てパリの消防士さんの活躍ぶりが映っている絵でした。


2冊買い求めついでにサインをと冗談で言いましたら、嬉しそうにサインを裏にしてくださって、にこやかな一時でした。日本では絶対に無いような事ですね。でもあっても良いような気が致しました。日本の火の用心の紙より現実的で、尚かつアートがあって素敵でしたから。


毎日時間通りに食事がとれない状況のなか、日本人が集まる通りがあると聞き行ってみましたが、お奨めは出来ません。日本人が経営していないお寿司屋さんやラーメン店もあるそうです。


それよりマルシェで買い物をして公園で食べるとか、テイクアウトでホテルで食べる方が良いかもしれません。ホテルにテラスがあればですが。


もちろんホテルリッツのような高級ホテルに泊まられるようでしたら何も心配いりません。


レストランは何回も入りましたが、結構注文してから食べられるまで時間がかかりますし、他のお客から差別的な態度も取られました。(レストランの方がフォローしてくれましたが)シノワかジャポンかとよく聞かれました。


1210月はボジョレーヌーボーのワインと美味しい牡蠣があれば・・パリの月も日本より素敵に見えるのでしょうね。


228パリ・凱旋門の展望台から


凱旋門展望台からの眺めです。


途中までエレベーターで狭い階段を上がると展望台です。お天気がまあまあでしたが、風は強いです。帽子が飛ばないように気をつけて。


 


 

スポンサーサイト
2007.10.31 パリ 

パリ市内を地下鉄で回るのは確実に降りた場所から


移動が便利ということですが、危険はあります。


それから街の景色がバスの方が見えるので、語学が堪能な方にはバスがお勧めです。


タクシーは目的地の地図を渡せば大丈夫ですが、土地に詳しくないと遠回りになります。


それに非常に危ない日本では考えられない運転です。


小型は3人までしか乗れませんし、オペラ座のような所ではタクシー乗り場がありますが、


手を挙げて止めるのはよほどではないと止まってくれません。


キャフェ(通常パリ以外はカフェだそうです)ではトワレを使わせてもらえますが、男女が別れてい


ないところもありますので、安全な場所でないところは独りでは入らない方がいいと思いました。


大きい駅にショッピングセンターがついているところがありますが、コスメティック売り場では、黒人


のガードマンが常についてくるような状況です。


何もしなくても日本人は手に取って見たりしますので、要注意かしらとも思えるほどぴりぴり状態


でした。


英語の話せる方も結構いますので、複雑になるときは英語も大丈夫でした。


私が感じたことですが、観光客が多い中、道を尋ねる時の目印として、犬の散歩をしている方や


アジア系の人であれば、身軽なスタイルの方などは現地で暮らしている方とお見受けしましたの


で尋ねると比較的親切に教えてくれます。


今回は忙しい旅でしたので、買い物が本当に時間がとれず、美術館もすぐそこにあるのにいけな


いと言う状況でしたので、次回に回すことにしました。


ルーヴルのモナリサは相変わらずの人気でしたが、結構海外にも行っているし、感動は今ひとつ


でした。


ミロのヴィーナスの周りは人だかりで写真を撮る人が多くてたいへんでした。


私の興味は、地下にタイルモザイクでパピヨン・ブルーがあるのを本で読んでましたので、それを


見たかったのですが見ることが出来なくて残念でした。


青い蝶々は幸せになれるとフランスでは言い伝えられているらしいのです。


この件はまたのお楽しみですね。


ダビンチコードではガラスのピラミッドがハイライトシーンに使われていましたが、集合場所には目


印にいいのですが、とかく固まって集まっていると警備員がきて離れなさいと注意されます。


ロシアのエルミタージュ美術館に入るときは1時間以上並びましたが、一枚の絵を2秒ずつ見ても


2年半かかると現地案内の方が言ってましたので、それに比べると少ないかもしれません。


美術館はとても頭の中がすっきりするので、今度はゆとりをもってきてみたいと思いました。


では明日はロワール地方の事を


499


 

高度8000mのハバロフスク上空から回ってパリ シャルルドゴール空港へ到着するとバスでパリ14区の街途中リヨン駅で乗り換えてオルレアンのホテルへ


リヨン駅はとてもきれいな駅でした。トワレも人がいて有料1ユーロ(現在170円位です)


夕方到着しパリ在住の絵の先生・奥様・友人とレストランで食事


12時間飛行と二時間半のバス


ようやくホテルへ着いてくたくたにくたびれました。


ホテルでのチップは1人1ユーロです。


ホテルでの朝食はクロワッサンとバケットとても美味しく、特にクロワッサンは格別でした。


果物・卵・ヨーグルト・すり下ろした林檎などは自由でした。このホテルは7時から9時までです。


次の日、ベルサイユ宮殿へ


初めてパリの地下鉄に乗り写真入りカードを作成(バス・地下鉄自由乗り放題)


ところが早速友人のカードが磁気の故障で使用不可に


ようやく新しいものと交換してもらい目的地へ


ベルサイユ宮殿は現在修復工事中で、沢山の人が見学していましたが、


一部見学できませんでした。


広い庭園はまっすぐ海まで続いているそうですが時間の関係でそれはいくことが


できませんでした。トワレも1ユーロの有料というか人がいて願わくばという感じでしたので支払いました。広い庭園は迷路のようになっています。キャフェのそばには必ず公共トワレがあり無料でしたが、並んで並んでようやくという感じです。


午後エッフェル塔へ行き、東西南北に改札があり、並んでいても大変で、やはり時間の関係で散策して終了。


夕方セーヌ河のナイトクルーズで夜のエッフェル塔と自由の女神などを食事をしながらバトームッシュから眺めました。バトー内ではバイオリンとピアノの演奏は主にチャイコフスキーの曲(演奏者がロシア人)でしたが、日本人向けに日本の曲も弾いてくれたのでチップをみんなで50ユーロ出しましたところ、大喜びで次々と演奏してくださいました。


また別の日にはサクレクール寺院に行きステンドグラスを見て感動しました。


地下鉄も何回も乗ると何となくラインによってビジネス街かそうではない場所かがわかるように


なりました。日本はエレベーターもエスカレーターも当たり前にありますし、駅員さんも必ず見える


場所にいますが、パリの地下鉄はそうではなくて、階段が多くもちろんエスカレータも大きい駅し


かなくて、日曜日はすべて駅の売店もエスカレーターもストップで、駅員も日本は親切だと感じま


た。パリのお年寄りはどこを使って移動しているのかとても不思議でした。


できる限り現地の人に聞いて降りる場所を確認しながら乗り降りしましたが、皆親切に教えてくれ


ました。ただ外国人でもアフリカ系の方が多く乗っていて、列車の中で演奏者が演奏し、お客から


チップをもらいに回っていました。日本では眠い人から騒音と思われるかもしれませんね。


夜のエッフェル塔はライトアップで11時にはイルミネーションが花火のように輝き12時には灯り


が消えるようでした。


あちこち忙しく回り、疲れがどっと3日目にでてダウンしそうでしたが、肝心な絵の先生のオープニ


ングパーティがパリ第3区の区役所でパリ市長のレセプションがあったので、そこに参加するため


に遠く日本から出向いたのですから、なんとか頑張りました。


パリの市長や日本大使館の方がスピーチして終わるまでやっと立っていられるような状態で、終


わるとすぐに食事会で後はタクシーで帰りました。途中オペラ座やコンコルド広場を通り観覧車や


エッフェル塔の夜景が目を見張るほどきれいでした。


いよいよルーブル美術館へここで案内の人が自己都合でモネ美術館へと別れたため、数人で


ルーブルへ入りました。すいてる館の方からサムトラケのニケを鑑賞しましが、あまりの大きさに


驚きました。ようやく会えたという感がして、本では味わえない感動でした。


  続きはまた。


 


 


 


 


 

みなさま へ


 時々訪ねてくださる皆様いつも有り難うございます。


暫く疲れた脳を休めるために旅に出かけます。


かねがね行きたかったパリへ行きます。


お天気でスケッチが出来ると良いのですが。


パリの街角・旅のエピソードをブログ上でお話出来ることを願って


しばしブログはお休みいたします。


疲れた時は旅に出るのが一番と・・教えてくださった方


有り難う!


少し勇気が必要でしたが・・


行って参ります。


それでは、ごきげんよう!


みよこ@5331


 


エッフェル塔


 


 

2007.10.13 土曜の朝9時

窓を開け放つと 


庭のキンモクセイの香りが 


 心地よい 


 今年も咲いて


曇天も気分も変えてくれそうな 


そんな土曜日の朝


コーヒーも紅茶も欲しくない


  今日は香りに包まれていたい

牡蠣の美味しい季節
ぷりぷり感はRのつく月の限定
でも牡蠣に含まれる微量元素
危険なものも
ミルクが中和してくれる
ミルク煮が苦手という方は
ミルクで洗ってからバター焼きに
牡蠣は海のミルクといわれるくらい
元気の源みたいに言われますが
養殖しか手に入らない昨今
やはり
海に流れる水が大切
雑木林から流れ出る水が
仙台の海は大丈夫でしょうか
広島湾は大丈夫でしょうか

ちなみにミルクがとても苦手な私
(本当は夏に食べる岩がきが大好きなのですが)

今は秋 枯葉と牡蠣

すっかり秋めいて夜も更けました.
いつもの呼吸
  ラジカルに左右されて

悪くなったり
 善くなったり

 気分次第に

いつもの呼吸
 地球が息をする  
  苦しくもあり
 悲しくもあり

   

 
2007.10.10 勉強会
先日佐倉へ

(財)リバーフロント理事長
竹村公太郎氏(元国土交通省局長)

「家康の東遷がもたらしたもの」
という講演を聴いてきました。

昔むかし縄文時代、千葉市は湿地だったと言う興味深い話
江戸時代、利根川から江戸川への流れは塩の逆流で災害時の被害
が酷く、リスクを避けるため利根川の流れを銚子へ変えたという。
縄文時代は温度も2度高く、水位も5Mも高かったようで、鎌倉時代当時は湿地帯が多く、江戸が完全な形になるまでは小名木川等かなりの河川工事を行ったということを学び、自然破壊とまでいかないが、人工的な開発は昔から行われていて、現在に至るということで、生態系が変化するのも致し方ないのでしょうか。以前、橋の架設工事で貴重な種類のトンボのヤゴが生息する地域を守ろうと道路公団に移転を申し入れして、それが叶った事がありましたが、人工的に人間の営みを重視するのか、それとも自然を守り共存するのが望ましいのかと議論されて結果は後者になりました。
人間の業の深さは、今後もエンドレスに続く事でしょうが、自然を相手に生きているということを忘れずにしたいものです。

大変有意義な且つ面白い講演内容でした。

たまには難しい話も聞き、時には振り返りも必要かしらとも思いました。人の出会いは水くさいものにしないでみずみずしくありたいですね。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。