上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
来月は久しぶりに講演会を開催

講演者は「自閉症」という障害について

自閉症児と長年関わって来られた方にお願いします

知人が養護教師なので、自閉症児について

学校での関わり方を予備知識として学びました

講演会のチラシ配布の件でスタッフが各コミュニティーセンター

公民館等に置かせていただいた際

ある地区の公民館では許可されませんでした

と報告がありました

再度電話で確認すると、断ったのは館長で

市の後援が得られていない講演会(今回はこじんまりと夜開催なので)

についてはポスターやチラシは公民館には置けないとの回答でした

私は早速市民のためのましてや障害者団体への理解不足

と思い手を回しました(後方支援)つまり市議会議員さんから

PUSHです(圧力ではありません)

それでも許可されなければ「市長への手紙」という手段を

考えました

他の公民館・CCなどは置いてくださったので

どうしてなのか答えが欲しいのです

それぞれの公民館の館長によって規約が違うのか疑問なのです

このブログをもし幸いなことにお役所関係者がご覧になって

いるのであればご理解をいただきたいです

チラシをお願いに上がったスタッフさんは差別感を抱いたそうです

今まで何年もボランティア活動をしてきて

初めてのことです・・・この不祥事(軽率)と言っていいと思いますが

何かの行き違いならいいのですが。。。

県から助成金をいただいて開催してきた会ということを理解していない

任意団体としては珍しくNPOなどよりも公的な資金を使用していない

県の方からぜひ助成しますと言われて活動し続けている会に

なんと言うことを・・・お立場は大丈夫でしょうか・・・

明日お返事がいただけるようなので、明日まで待ちましょう

広く市民のための活動を支援・協力する場所が公民館

今や公民館は英会話・フラダンス・ダンス・書道

読み聞かせ・貼り絵・絵画教室などの活動場所になっております

そのような様々な人の集合場所にチラシを置いて感心を持って

勉強会に参加していただければ・・・障害者への理解が深まり

差別などがなくなり、地域で暮らしやすくなるはずなのです

政府の基礎が歪んでいると県・市まで揺らいでしまいます

しっかりと支える基礎を創ってほしいです


久しぶりに憤慨しております・・・少しだけですけれど

   公民館は広く市民のための場所ではないでしょうか。。。


追記

世間は障害者・・・特に身体に関しては大分理解されるように

なりましたが、精神や知的障害者に関しては、まだまだ理解

されておりませんこれが現状です

そのような中、自閉症児は家族が抱えきれない程、大変な障害です
   
少しでも理解者を増やして、支え合う事が出来るならばご家族や

勿論当事者にとりましても非常によいことにつながって行くと思います

  1人でも多くの理解者が増えることを願います

     
 

スポンサーサイト
2009.06.29 メカ音痴
メカニックな事 苦手です

電気関係も明るくなく  暗いです

基本的に考えないようにしています

取説が苦手なのです

スペックは取り敢えず 触って 間違えながら

何とか辿りつきます

なので、機器に詳しい方に出会うと感心してしまいます

地図の読めない女という本がありましたが

地図に頼って旅をしたことはありません

でも何とか目的地までたどり着けました

CADを使うのは好きでしたが

PCも 最初は英文タイプライター次はワープロ

最後パソコンと遍歴があります

メカ音痴・・・誰も助けてはくれませんので

自分で克服するしかありません

コード類やデジカメその他付属品はそれぞれ

別々にしてセットで分かるようにまとめます

車に関しては 走行距離をチェックして

オイル交換時期を決めます

ディーラー任せな部分が多いですが

男性がいない生活は非常に不便です

メカニックなこと電気などお手上げ状態です

そこで考えました

家庭用電気機器

冷蔵庫 掃除機 洗濯機 オーブンレンジ テレビ ビデオ等

は予め、予測して摩耗しそうな部品は新品時に購入します

壊れてからだと問い合わせなど面倒だと思います

日本は展開が早いので、製造中止ということがよくあるようです

車はまめにディーラー通いです

スタンドでは決して見ていただきません(スタンドスタッフさんごめんなさい)

女性が機器と同居するのは大変です

もしこのブログを見てくださっている女性の皆様

男性の力は大きいです ですので出来る限り協力を惜しまず

感謝しましょう メカ音痴ではなく 得意分野でしたら

それはそれで頼もしいですけれど。。。



      
2009.06.28 応援します
石川選手はついに優勝

英国へのチケットを

16番ホール 脅威のチップイン

凄いとしかいいようがありません

マレーシア4戦 GT 

塚越広大 レーサーの度胸と制御力

見事に爽やかに 両者の今後が楽しみです



2009.06.28 MJ
オバマ大統領が新しい世界を構築すべく誕生したばかりなのに

M・ジャクソンが天国へ

ブラックORホワイト

整形した顔を更に スリラーで

Oh-BADと

少年のころのあどけない顔写真

ジャクソンF

世界中の深い悲しみに

50才 MoonWalkで星に

高音 あのリズム感 類い希なる才能

ネバーランドの誓いは何処に行ったのでしょう

    時として神は存在するかのように導く

朝から

 降り続く雨 

  本日のBGM

Alicia Keys・・・No One







2009.06.28 リーダー
友人は今頃この鬱陶しい日本を離れて

ハワイへ

元航空会社OGなので格安で

サイパン・グアムは一度行けばもう良いですと

ハワイは何度でも楽しいと仰います

今日本から目をそらしたい方は結構多いのでは

政治 疑惑 憶測

この地方では若い市長が誕生しました

ブログを拝見していると・・・当選以来ご挨拶回りがあちこち

江戸時代はどうだったのでしょう

昔は寿命が短いせいか 若い武士が 血気盛んな若者が

世の中を「なんとかせねば・・・」と働いたのでしょうか

今の時代より首長の権威というものはどうだったのでしょう

狭い日本だけの問題ではなくなっている現代社会

複雑に絡み合った政界 財界 権威 権力

この騒ぎをただ為せるがままに受け止めるしか手立てはないのでしょうか

戦国時代の蒲生氏郷のように

部下の潜在能力を見抜ける人

徳川家康の言「この世に生きとし生けるもの様々、人の役にたつものばかりではなく

虎狼のように毒草のように害をなすものもある・・・しかし毒草を薬草に 毒をもって毒を制す

ということも・・・」と疑心をやめ 長所を認め 非は赦された方がこたえるとも

孤独を道連れにしなくては強いリーダーにはほど遠いのでしょう

彦根が好きなせいでしょうか

井伊直弼 

他人に勝つより自分に勝つ心構え

与えられた仕事に責任を持つということ

井伊家の家訓・・・部屋住みは困窮に耐えつつ器を磨くべし

というような家訓があるようですが

井伊直弼は「世の中をよそに見つつも埋もれ木の

   埋もれておらむ心なき身は」とう名句を遺しました

15年間の部屋住みから解放され、35才で彦根藩35万石14代藩主に

その後44才で大老職に就きます

 現代よりもずっとご意見番の年齢も下ですね

   ゲーテもこんなことを世に遺しております

財産を失うことは少しを失うこと

名誉を失うことは多くを失うこと

勇気を失うことは全てを失うこと

   人は宝 健康なくして人材非ずではないでしょうか

健康でいるということは

  多少の制約 我慢を強いられます

    命あってのこと 

私に課せられたこと

健康に留意して日々与えられたことを全うすることでしょうか

  それにしても彼女は今頃

プルメリアの花咲く街角で・・白い砂浜で・・のんびりと青い海を眺めて

  お土産話は来月に。。。

 

   

   



2009.06.27 Richard Marx
Title : Right Here Waiting
Artist : Richard Marx

--------------------------------------------------------------------------------
Oceans apart day after day and I slowly go insane
I hear your voice on the line but it doesn't stop the pain
If I see you next to never how can we say forever

* Wherever you go whatever you do
I will be right here waiting for you
Whatever it takes or how my heart breaks
I will be right here waiting for you

I took for granted, all the times that I though would last somehow
I hear the laughter, I taste the tears but I can't get near you now
Oh, can't you see it baby you've got me goin' crazy

[Repeat *]

I wonder how we can survive this romance
But in the end if I'm with you I'll take the chance
Oh, can't you see it baby you've got me goin' crazy

たまには

こんな曲を・・・

こんな手紙を。。。

2009.06.27 ヘアーカット
もう随分と古いお付き合いの美容院なのですが

気分を一新するために

別のヘアーサロンへいきました

ショートにばっさりと・・・女性が髪の毛をカットするときは

気を付けなさいなどという方もいますが

何もなく 特に大きな悩みもなく 気分で切りました

・・・自分を変えたいのでしょう?

そうかもしれません

別の美容院に行くのは勇気がいります

不義理しているような・・・裏切り行為のような

当分自粛です・・・今までのお店に行くのは

すっきりです・・・切って良かった

美容師さんは男性でした 40代

ハワイの話をしてくれました・・・オススメはハワイ

ゆっくりとハサミを入れて 静かに あっという間に切って

こちらの注文通りに切ってくださいました

今までの美容師さんは何も喋りません

いつも本を持ち込んで私は本を読み

その方は自分の思いのままに切るだけ

でもお任せですからそれはそれで良いのです

3センチというと5センチは切ってくれます

今日の方は切る位置をミラーで確認してからでした

お任せで15年も付き合いましたが、今日初めて別のサロンへ

何となく罪の意識が生じるのは何なのでしょうか・・・

今までの美容院が嫌なわけでもないのです 

でも 気分がそうさせました 

       暫くはよそ行きの気分です

自分に合っているヘアースタイルなのかは分かりませんが

  第三者の意見も大事ですね

 いつも相手の方がこちらを見ているのですから
雑誌の類は暇があるときは覗いて

本棚に並べた何時か読もうとしている本

背表紙が静かにこちらに催促する

取り敢えず

フォン・ノイマンの生涯・・・ノーマン・マクレイ

風塵抄・・・司馬遼太郎

巴里ノート・・・村上香住子

フェルメール全点踏破の旅・・・朽木ゆり子

今週はこの位にして

  本は読んでも読んでもこれで良いという物がないのです

ただ 読み易いか否か

司馬さんの本は寄り道も重要で 行きつ戻りつの展開

いつも引き込まれてしまうのです

白洲さんは事実をありのままに 飾らず 媚びず

憶測は 憶測だと断り書きで 正直で真っ直ぐな方

白洲次郎さんより男性的な感じがします

桜庭一樹さんは女性でしか書けない表現があるので

やはり名前で男性と間違えた方は多いでしょうが

読むとすぐ分かります(私が女性なので)

写真集などもよく見ますが

土門拳   

今森光彦  氏の写真は実体験がかなり写真に反映されて

いるので好きな写真家です

氏は滋賀県を中心に昆虫やブナの森を撮り続けている方ですが

10年ほど前、大津で写真撮影に参加しませんかというお誘いに

参加出来なくて、今ではとても残念に思っております

光村推古書院の京都の四季の写真集も時々見ます

鬱陶しい季節に鮮やかなタチアオイの写真や

京都の川床の写真などを見ているとすーっと気分が

和らいで頭の中は京都へと飛んでいきます

一条瓦や紅殻格子 蒸し暑い京都の工夫

居ながらにして京都を堪能出来ます

  あと少し梅雨空を眺めて 入道雲を迎えれば夏

 冷たい飲み物を口にするとき

少しだけ懐かしい風景が浮かぶのもこの季節です




曇天は続く

梅雨らしく 雨が似合う

地面の土は水はもう結構と

空は会議中

いつ どの場所で 雲を散らそうか

いっそ 総てを曇らして

梅雨空の気まぐれをまき散らし

空は曇天 気分はグレーに 

晴れない雨は降らないから我慢しよう もう少し

     気分のグレーも悪くない ブラックよりはましなのだから
2009.06.23 エコ エゴ
エコライズ

エコ エコと何処に行っても

エコの表示

それこそエコでは無いような

環境に配慮して

今使える物も排除してエコ商品に替えようと

取り敢えず今のままではいけないのでしょうか

冷蔵庫 クーラー 車 etc

ポイント 加算 還元 何か振り回されそうに

それでもTOPは変わらない

チェンジはチャンスと言っても

・・・

パターはPINGで アイアンはマグレガーで充分です

でも飛距離を出すには・・・・メーカーの・・・を

道具ばかり選んでも技術が付いていきません

未来への提言・・・何もしないことが大気を汚さないと

言ってしまえば簡単・・・京都は始めました3ヶ月限定

コンビニの使い捨てのゴミ0を目指して

しかし、ペットボトルメーカーは仕事が減ります

容器を回収して洗うためにエネルギーを使います

何を 目的は 最終的にはどうしたいのでしょう

パフォーマンスばかりで正義のフローが見えません

仕事を減らすのは簡単ですが・・・仕事を分配しなくては失職者が増えるばかり

今、障害者・弱者は行き場がありません

月はながめるもの・・・この切羽詰まった行政事情の中

何の用事があって月に行かなくてはいけないのでしょう

地球がこんなに困っているというのに・・・

・・・人災  

  今日は久しぶりに晴れたせいで脳内が活発に抵抗しています

    ハードなロックを飲んで 聴きたい気分です








2009.06.22 焦り
明日は仏語

なのに

宿題をしていません

今夜はもう無理かもと明日に

朝 

あー無理かもしれません

毎日何をしていたのでしょう

映画 DVD 読書 ボランティアの打ち合わせ

来月のジャズコンサートの参加 募集

仏語が飛んでいきました あちらへ

脳は空っぽ

全米オープンも見逃せません

あー何と愚かな

分かっているのに なぜか あちらへ追いやって

明日 朝 早起きをして

怠惰な自分が見えます 焦りもありますが開き直りの自分

先生の所へは車で1時間かかります

今日は自分を見放して 明日の自分に期待します


  Allez, a demain  Bonne nuit


2009.06.20 天上へ
    波にさらわれたい

  風に飛ばされたい

    あの雲の向こうへ・・・行きませんか


浮ついた気分に天使がささやく・・・

 君はまだ夢の中に捕らわれて

   
 
2009.06.19 映画
「愛を読むひと」

原作者 ベルンハルト・シュリンク 

原題「朗読者」

主演  ケイト・ウインスレット

第二次世界大戦前のドイツ

文盲・・・

どんな状況でもそのことををひた隠しにする

サインも出来ない

トラムの車掌をしている

15才の多感な少年と出会うことで

状況は一変する

少年は女性に本を読むことで愛を語る

法律を学ぶ少年と母親のような年の差の女性

時にはヒステリックに

少年は少女のように接する大人の女性に夢中に

しかし、戦争が二人を別の道へと導いて

女性は戦時中、生活のためナチス親衛隊員をしていた過去を持つ

戦後、法律は容赦なく裁いて無期刑に

少年はやがて結婚し、一女をもうけ夫婦は離婚する

何が彼にそうさせたかは謎  しかし文字を読めない女性に

本ではなくテープに吹き込んだ物語を送る

やがて、文字を憶えた彼女からたどたどしい手紙を彼は受け取るのです

20年の刑期を終えて身寄りのない彼女を引き取るその日

・・・・・これから先は本や映画でご覧ください


 ナチと罵声が飛び交う法廷で

     文字が読めないことを最後まで言えずに


罪を償う・・・しかし「どう償っても死んだ人はかえらない・・・」と

   彼女を訴えたユダヤ人は成功者に描かれています

 皮肉な最後は

  とても考えさせられます

ケイト・ウインスレットの演技は益々磨きがかかって見応えがあります


作家でもあり、法律家・詩人

ベルンハルト・シュリンクが赤裸々に自己の過去を本に「朗読者」

その愛は・・・未熟ながら 慈悲に満ちて


   ~~じわじわと胸に迫ります~~




   



 



 
さようなら 

こんにちわ

またお会いしましたね

なにかご縁があるのですね

そんな風に人は近づきます


えーと あーそれは あれでしょう?

そうそう それです

よく分かりましたねー

何となく 気持ちが寄り添っていると

相手が望んでいることにすぐさま気づきます


あの映画 あの場面 良かったわ

君もそう思うの 僕も  同じシーンに感動ね

あの場面に吹き出してしまって・・・

そうそう 笑いを抑えるのに大変


そんなふうに共感したら  もっと近しく

共通するものが増えて

沈黙が続いたら   お互いを感じている証拠かしら

それとも・・・・・違うことを思っているのでしょうか

不安が過ぎります   でも思っています 

少しは考えています  戸惑いもあります 

なれないシーン  面倒なシーン その場から立ち去りたい

   あー きっと きっと無理 こんな私 無理だわ

 そうして そうして いくつものチャンスを逃しました




2009.06.18 御礼
訪問くださいます皆様へ

いつもコメントや拍手を有り難うございます。

改めて御礼申し上げます。


2009年も半年経ち

梅雨時の鬱陶しい季節に

混沌とした世の中の情勢
 
不況や政治失態が続出する中で

それぞれ基本的な生活を守るべく

日々奔走 努力をされている皆様が

当ブログにおいでくださり

愚かに可笑しく思いつくまま 感じるままを

書き記したものへ 励ましの拍手やコメントを

いただきまして本当に嬉しく思っております

こんな時代でも

自分らしく 生きる 生きてゆく上で

失いたくないもの 誇りや感謝 そして小さな幸せ感

それぞれがその人らしい生き様を痕跡を

残しつつ 人生を全うして逝くことが私達に課せられたこと

辛いことも苦しいこともそして楽しいことさえ

長くは続かないものです 

無常というステージで

蝋燭の灯りが消えるまで自分という人間を

演じきるしかないのだと思うのです


時には天使を待ち望み

時には不慮の事故に遭遇し

時には愚かな行状を曝して

   
  笑ってわらって 泣いてないて

そして生きてゆきますので
   
  今後とも宜しくお願い致します





2009.06.17 日が暮れて
過ぎし日は遙かに

Good by day


黄昏時は足早に

夜への扉を開け 

街灯に無数の虫が群がり

勢いを失った空気の流れは

狭い路地裏へと行き着く










  
2009.06.16 雷鳴
外はどしゃ降り

雷鳴がとどろき

時折ピカッと光り 恐ろしげ

ただただ耳を塞ぎ

鎮まるのを待つのみ

次第に雨あしは強く激しく

ただただ静かに

過ぎゆくまで待つのみ

独り身は弱く よわく

平気を装い 我が身を抱きしめる

神の怒りは

時々頭上に落ちてくる

許しをこうても 怒りは治まらない

雷鳴は忘れかけた善のこころを蘇らせる

どうか どうか 許して 

静かに眠らせて





あるデザイナーのワークスペースのこと

何度か雑誌Penなどで見ましたが、デスクとイス PC以外何もない
整然とした部屋 機能重視 ロボットが座るような空間
見せるオフィスという感じで、実際は
そこが仕事場とは思えないような印象を受けました。
コンセプトはいいとしても、人間同志が織りなす
「Hotな空間」も必要なのではないでしょうか?
一時コンクリート打ちっ放しの建築物が流行った事がありましたが、
今はコンサートホールも床材までウッドを使用しているところが
増えているようです。やはり人は「温もり」に帰る感があります。
ある雑誌にデザイナーご夫妻で着物を着た写真がありま
したし、お子様のおむつも替えるというコメントもありました。
そのデザイナーの本質は、日本の伝統的なもの、あたたかいものを
求めているようです。
紙ベースではなくデータだけで取引出来る職業ならではの
事務所形態にむしろ潔さを感じますが、外向けの機能的な
スペースを提示し,それもデザインしビジネスにしています。
確かに効率の良いスペースでのプラス面を考えると、非常に高評価だと
思います。しかし、すべての人がその通りできるとも思えません。

人は自然の中に位置している物の一部だと思うのです。
部屋の中に余分なもののないところでもPCの中や脳の中の情報で
仕事をしたり遊んだり・・・でもそれだけで済むとは思えません。

潔さのなかに・・・恐怖も感じます

+αのもの 切り捨て御免ではなく 余韻のようなもの

人はターミネーターではなく人とひとの間に生まれたもの

不純物の塊 無駄なようで無駄ではないものであり

血の通わないようなものは何れ滅びる気が致しますが。。。


   未来への期待を込めて感想を
野バラ

ニゲラの花

  黒種草ともいいます(花言葉・・・戸惑い・・・英名・・・Love in a mist)

玉紫陽花

  梅雨時ではなく秋雨のころに咲きます

    自然な森の中で山ゆりを見つけたとき

 木漏れ日 

お気に入りの喫茶店で

  ジャズを聴いているとき(デキシーではなく)

晴れた日 素敵な雲をみつけたとき

   プラネタリューム

飛行機の離陸と着陸の瞬間

   ワクワク ドキドキ感がいいです

観覧車で一番上に来た瞬間

   因みにジェットコースターは嫌いです

お気に入りの曲で明け方のハイウエイを運転するとき

           レース編みをしているとき

油絵のオイルの匂いが充満している部屋がすき

  F1のエンジン音

 サーティーワンアイスクリームの「ナッツ トゥーユー」「パイナップルナッツ」

  河豚の白子 たいら貝 岩牡蠣 鯛のカルパッチョ ほうれん草のキッシュ

小鳥の鳴き声 蜩の鳴き声 

      砂浜で潮騒を聞きながら歩くとき

   ステイショナリー売り場

    西洋アンティークの家具 ランプ 

  午後の美術館の庭

     人混みの中の孤独感

 夕日が沈むまでを見届けるとき。。。



こうして思いつくまま列挙しましたが、数限りなく浮かんできます

 人は皆そうなのでしょうか・・・

人より多いのでしょうか・・・

    梅雨時の湿っぽい頭の中を少しさらけ出しました


    

         



 

 








  














2009.06.13 ほめ上手
3週間ぶりにダンスのレッスンを受けました

久しぶりのせいでしょうか

身体が付いていきません

何事もブランクは良くないです

先生は女性です・・・とても上手  

そして「ほめ上手」

マンツーマンですが、こちらが恥ずかしくなるほど

ほめてくださいます

ほめるというのはタイミングが大事

こちらサイドが「失敗しないでステップが踏めて

良かった」と感じた瞬間

すかさず「出来たじゃないですかーその調子ですよ!

良かったですね」と拍手までしてくださいます

私も見習うことばかりです

言葉は本当に大事です・・・必要以上のお世辞は

かえって可笑しくなりますし

まさにタイミングよく愛の手・・・を そして失敗したときの

励ましの言葉

今までダンスというものに何の興味も持てないでいたのに

先生のひと言・・・知らない世界に入りませんか?

大丈夫 誰でも出来ます 楽しいですよ

本当に楽しいです 身体を動かす リズムにのって

ワンステップ ツーステップ 進み具合はのんびりですが

ほめ言葉に支えられて頑張れそうです

ほめ上手・・・なかなか出来そうで出来ません 

見習うことばかりです





ジョイフル・・・というGC

あらゆる植物が所狭しと置かれているのですが

テラコッタ売り場に大きなストロベリーポットがありました

2箇所ポット部分が破損しており

値段が8000円を5000円に下げて値札がついておりました

ちょっと待ってください・・・破損しているなら売り物にしないのでは??

感覚が合いません

骨董茶碗の二つとないものなら「金つぎ」という手法で

復元しても買い手があるのでしょうが。

大量生産のストロベリーポット (希少価値では無いはずなのに)

不思議です・・・商売 ショウバイ ちょっと気になりました

物を大切にするという考えと破損品まで売ってしまおうという考えとは

少し違うと思うのですが。。。

破損したものの価値というのは・・・これしかないもの

二度と手に入らない物

そこに付加価値がつくのではないのでしょうか

そこを任されている担当者の方の考え方なのか

会社の方針なのかは分かりませんが

  すこしだけ悲しくなりました



2009.06.11 代替エナジー
生ゴミから

試験的に大豆のおからから

糖にかえて

もしこの事が実用化されれば

石油に依存する事が激減する

緩やかに進化するエナジーは

基本に戻る

石炭になるまでのプロセスを一気に縮めて

何れにしても代替エナジーを使える日は遠くない

植物が長い年月かけて燃料になる過程を

短縮することに成功した日本人研究者


人間はなんて素晴らしいのでしょう

目がご不自由でも感謝の言葉を忘れない

盲目のピアニスト辻井さん 見えないけれど 「こころの目で見ます」と・・・ 

今日は2つの事で未来への活力をいただきました

生き延びるというDNAを所持した生き物

生命体を維持できる環境が未来への鍵となるのでしょう







愛しの薔薇よ

  芳しきその香りとともに

去りゆけど

  夏草の噎せ返るような

 暑い季を前に

ひとときの清涼たる紫陽花の

   青白い冷たさは

 禊ぎを遂げ

 慈しみさえ持ち合わせ

      嫋々と咲き誇る

  摂理の常道は

飽くことなく 

   連綿と続く


みよこ@
 

2009.06.08 振り子
たかだか100mmの振れ幅に

まるで呼吸でもしているかのように

右 ひだり

瞳も 首も 右にひだりに

止まるところをしらない

アナログの域を脱し デジタルに

振り子は踊る

振り付けはワンパターン

簡単に 簡単に 右にひだりに

振り子は踊る

瞳はいつのまにか踊らされて  

    一緒の首は疲れた 

  もうすぐ真夜中 

 アナログな音に デジタルな刻

   今日にサヨナラ
  
   そして「オヤスミ」

  みよこ@





2009.06.07 彼の人
窓辺に差し込む光

薄墨いろに

ゆらめく葉影

夢で逢う彼の人

   絹衣の影

暁に消ゆ

   
2009.06.06 緑色の雨
雨蛙の額にポトリ ポトリ

規則正しく

緑色の雨は降る

ポトリ ポトリ

閉じた瞼に 

光った背中にポトリ ポトリ

規則正しく

緑色の雨は降る

鳴いている ポトリ ポトリ

傘は

葉っぱの傘は・・・

    似合わない

みよこ@
両手を広げて

やってきた

見知らぬ世界から

硬直した脳は水際までYESを言えない

含み笑いの奥で 震える

唐突な仕草に

戸惑いの拒絶

初めての事の成り行き

視野のコントロールは

YESと間違えている

・・・

真夜中のエトランゼ 忘れないその両手の広さを




~~人は叶わぬ望みが突如叶った時

コントロールを見失い

正反対の行動に走ってしまう~~

        




2009.06.01 別離
別れがこんなに早く来るなんて

誰が想像できたろう

悲しみよ

君に逢いたくなかった

  逢えない悲しみよりも

別れの苦しみを選ぶなんて

悲しみよ

 君に逢わなければよかった

    萎んだ風船は

   もうこれ以上飛べない
 
君がどこにいるのかも分からない
 
  君の元へは行けない

。。。別離とは かくも哀しいもの
 
  
みよこ@


      



 



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。