上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ぼくは失ってしまったよ

君への想いを

何年も待ったのに

約束などどこかへ飛んでいって

守れない

待っていたんだ ついこの前まで

君と遊んだあの場所

忘れたいよ 泣きたいくらいさ

君がくれた優しさを

思い出す度に 空に祈るのさ

このことが全て夢だったと

嘘なんだ そんなこと夢だったのさ

ぼくは失ってしまった

君への想いを

だからもう ここにいるのが辛いよ

約束なんかしなければよかった

待っているだけなんて虚しいよ

ぼくは ぼくは 君を失いたくなかったんだ

だから二度と約束などしない

   だからもう

  ミス ミザリー もう二度と待つのは。。。


  みよこ@









スポンサーサイト
So, so you think you can tell
Heaven from Hell,
Blue skiess from pain.
Can you tell a green field
From a cold steel rail?
A smile from a veil?
Do you think you can tell?

Did they get you to trade
Your heroes for ghosts?
Hot ashes for trees?
Hot air for a cool breeze?
Cold comfort for change?
Did you exchange
A walk on part in the war,
For a lead role in a cage?

How I wish, how I wish you were here.
We're just two lost souls
Swimming in a fish bowl,
Year after year,
Running over the same old ground.
What have we found?
The same old fears.
Wish you were here.

< "Wish You Were Here" Pink Floyd >
2009.07.29 つれづれに
地球温暖化対策

各地で色々な試みが為されています

埼玉県のある市

家庭からでた生ゴミを専用のゴミバケツに入れて

役所に持参するとお花の苗と交換してくれるという

そのゴミを破砕して乾燥し堆肥にし、ペットボトルで作った

軽石のようなものと混ぜて屋上緑化のための土に還元

屋上の土を軽くでき、芝を植えて涼しくするという

素晴らしいアイディア・・・拍手です

東京ドームの屋根に集中する雨水を浄化してドーム内の

トイレなどの水に使用するというのは良く知られていることですが

エコやリサイクルも規模が大きいとそれなりの効果を発揮します

生ゴミリサイクルは、ベルギーやオランダではかなり前から

一般にしているとものの本で読んだことがあります

オランダでは分別するビンや缶など公共の場所に回収容器が設置

されており、曜日など関係なくいつでも誰でも捨てられるようですし

家庭に車でやってきて受け取る人が分別してくれるというのも

あるようです

ベルギーでは各地区に生ゴミを捨てる場所に生ゴミを堆肥にしたものを

置いておき自由に家庭に持ち帰っていいというのもあるようです

日本で埼玉県で初めての取り組みのようですが

他への広がりを期待したいと思います

マンションなどの住民は土はいらないということでしたら

お花の交換ギフト券なとになるポイントカードにしてもよいと思います

エコやリサイクルの仕組みをもっとPRすることで市民の意識も

変わるでしょう

市では学校の屋上緑化などは取り組み始めているようです

街路樹もメンテナンスが必要以上にコストがかかるものは植栽しない

など、いろいろ試行錯誤しているとは思いますが、ケヤキのような

落葉樹も堆肥にして販売するような仕組みが出来ればいいのですが

ただ捨てるため費用が嵩むだけでは、有害街路樹になってしまいます

地球が明らかに変化していて専門家の方の警告が多くなってきております

しかし、普通に暮らし昨年と今年が微妙に違うだけでは意識を変えるところ

まで行きません

進化し続ける地球そして破壊される地球

何時かそれは果てしなく遠い日のことでしょう でも今を生きる私達が

出来る小さなことの積み重ねを大事にして行かなくてはいけないと

思うのです・・・反省しつつ実行していこうと思います

  感じるままに。。。







2009.07.28 皆様へ
当ブログに訪問してくださいます皆様へ

  ~~暑中お見舞い申し上げます~~


 いつも訪問していただき有り難うございます

 貴重な拍手やコメントはとても嬉しく

 感謝致しております

 私も皆様の所へおじゃましておりますが

 なにか不都合や不具合がございましたら遠慮なく

 改めるべきところは改めますので伝えてください

 お願い致します

 
 7月も終わりに近づく中、各地での災害の光景が報道

 されており、とても辛く見るに忍びないものがあります
 
 私の住んでいるところでも昨夜はかなりの雨量で、

 今朝まで降り止まず、梅雨に逆戻りしたようなお天気です

 高台に位置している関係で水の心配はありませんが、

 皆様の所はいかがでしょうか。

 晴れない雨は降らないと申しますので、暫し辛抱して

 夏の青空を期待したいと思います


   夏季空に(なきそら)

    照るてる坊主

        願かけて

                みよこ@


 

 





















昨晩の眠りが足りないせいでしょうか

上の瞼と下の瞼が仲良しになろうとしています

まだ宵の口なのに

      今夜は眠れるでしょうか

 アランは「幸福論」のなかで

~~欠伸のことを次のように述べています~~

「おなかに深々と空気を送り込むことによって

注意と論争に専念している精神に暇をだすことである」と。。。


   それでは 今日はこの辺で おやすみなさい





    
昨夜は魘されたようです

眠れず 明け方まで

とうとう 朝に

宮里選手がフランスで優勝し

福岡の濁流は凄まじく 

世界水泳 

週末から報道は選挙と災害

人為的なものから自然災害まで

予期せぬ出来事は次々と

それでも人は生きなければならない

それでも生きてさえいれば何とか生きていける


一難去ってまた一難 

困難の中でも生きていて良かったと思える瞬間が

きっとあるはず きっといつか

・・・そんなことを考えて

  睡眠不足
     
ぼーっとして庭を眺めてみると 

キンカンの木に沢山の白い花

黒揚羽が飛び交い 

目を凝らすと 小さな幼虫が葉の上に

風に揺れていました

          
  

   




わたしは海の底

あなたは天の星

わたしはあなたを探すわ

あなたに逢いたいから
海の底で歌うの

わたしは海の底

あなたは天の星

わたしには届かない

あなたに逢いたいのに
海の底で歌うだけ

あなたは天の星

わたしは海の底

あなたの光で

わたしは歌う

海の底で 愛の詩を

みよこ@
2009.07.24 医療政策
昨日は

中核支援センター主催の会議に

午後2時から出席

その後5時半まで地域生活支援センター主催の交流会

6時半から発達支援センターの講演会

終了9時という長丁場

大変内容の濃いものばかりに少々疲れました

中核支援センターの会合は2ヶ月に1度

地域生活支援センターの交流会は今回初めて開催

内容は障害者の就労支援実施状況について

中核支援センターの連絡会議

県から2名

「医療政策」と銘打って現状と課題

他県に先駆け

ひとつは地域医療連携パスを共用化推進ということで

様式・形式を一本化して患者を連携で対応するという

もうひとつは質の高い保険医療提供体制推進事業

かかりつけ医の総合診療機能強化ということ

つまりお近くのかかりつけ医にまず診ていただき

専門医療を必要とする方は大学の付属病院等に移動

して診療してもらう・・ということです

今まで近くに総合の大病院があると取り敢えずそこに

行き2時間・3時間当たり前に待ち時間のある状況でしたが

医師不足もあり、軽い症状の患者は地域の医療機関に

お願いしようというものです

その際のそれぞれの各医療機関で使用している患者の

病歴・状態・服薬状況等の内容を記載する書類の様式を

一元化して何処の医療機関でもすぐにそれを活用できるように

というものです

救急車のたらい回し等が都内でありましたが、常に状態把握ができて

いて、尚かつ適切な医療機関への連携がとれるようでしたら

いちばん理想とするものです

しかし、全ての市民がこのことを理解できるかというとそうではなく

大学病院一辺倒の利用者にどう説明されるのでしょう

中途半端な施策にならないようにしていただきたいですね

障害者地域生活支援センターの意見交換会では

就労支援の現状についてでしたが

本当に一生懸命取り組んでいる様子が伺えました

しかし、リーマンショック以来世の中は様変わりしてしまい

相談件数も上昇し、県のジョブコーチ制度も実際には

あまり役に立っていないようです

病気や障害の特性を理解出来ていない状態で

無理やり当事者に不適切な職場へと向かわせる

ようなこともままあるようです

これからはそれらの課題を

むしろ厚生労働省の改正にともない300人以上の企業は

雇用義務を課せらましたので、雇用の促進にむけて

社内ジョブコーチの充実や研修会の充実を図るように

なってきました。6年前からすると随分と変貌してきています

ボランティア活動を通して色々学ばせていただきましたが

現実は理想からするとほど遠いような気も致しますが、多少の

自助努力で改善出来るような状況もあると思います

障害者にとっても社会環境はとても厳しいですが、情報交換の

場をもうけることで、安心の場が提供出来れば良いと考えております

最後に

「発達障害の早期発見・早期療育」についての勉強会を開催しました

誰しも生まれてくる子どもさんが普通にと願っているのは当たり前ですが

中には、生物学的にまれに発達に困難を伴って誕生してしまう子どもさん

が誕生します

100人に対し2から3人 

長年発達障害児童に携わって来られた方にお話をしていただきました

どんな人間もここが充分でここは不十分というものがあるものです

苦手・得手・不得手 それが過度になると症候群

軽度から重度へ様々な形で現れます

比較的有名な方で学習障害 ADLD 俳優のトムクルーズ

文字が理解できなくても聞いて話すことは難なくできる

軽度だと思いますが

身近に沢山いらっしゃいます

しかし、その特性が理解されないと「イジメ」や排他的な環境が

できて当事者は社会からますます離れてしまいます

勉強会を設けることで、少しでも多くのかたに理解をして

いただけたら、より生きやすくその人らしい人生を歩いて

行けるようになると思うのです

9月は精神のこと12月ころには相続のこと等についての

講演会を開催する予定です

忙しくても開催してくれて「ありがとう」という言葉を聞く度に

止められないでここまできました 

知事が交代して今後この県は「日本一の健康宣言」を目指して

おりますが、弱者・・・人はみな弱いものです

生と死を避けて通れません

いかに楽しくその人らしく平和に生きられるか

それが願いです・・・もし余力があればボランティアを寄り添う支援を

1人の元気なかたが1人ちょっと弱い方の側で寄り添えば

パワーを分けて同じ空気を吸って楽しく過ごせるのではないでしょうか


  10月には日本で初めて「点字」を世に紹介した人

「石川倉次」の人物伝の講演会を後援することになりました

  疲れ果てているのですが、もう少し「頑張って」と天からの声で

  言われているようです。

ますます予期せぬ忙しさが待ち受けて・・・

  どうかどなたか私に寄り添ってお手伝いしてくださる方いないでしょうか?

  




2009.07.23 心残り
いつも思い出すのは

左手

その時計のこと

針の動く様を一瞬にみて

残りの時間が気にかかる

左手の時計に

秘めた未来を

時が知らせる

  心残りは・・・届かぬ君への想い

みよこ@
2009.07.23 ハスの花
ロータス ブロッサム

 ケニー・ドーハム 

トランペットでハスの花の咲いている様を

音に。。。


泥の中から水を弾いて

清らかに

桃色の花を天に向け咲く

長い道管を泥水が抜けて花に実に

泥にはどれ程の清らかさがあるのでしょう

 
ハスの花・・・魅力的な花です



2009.07.21
IMG_4854isi白いラン

<<気持ちを真っ白にしたくて・・・>>
2009.07.21 独り言
4年に一度

民主主義をどのように理解したら

いいのでしょうか

政治家よりも 官僚の選挙も必要なのでは

太陽は隠れたいほど恥ずかしがり

日の本は面子を固持するあまり

混乱と不信を

信を問う 国民に問わないで 自身に問うてください

人として どう身を処するのか 自己に問うてください

派閥 保身 しがらみ

人生80年 たかが人のすること

1人では大したことなど  所詮夢か幻のうちに終えてしまう

名を残さず 事を成してください 立つ鳥後も濁さずに

  人の幸せって何なのでしょう

安心 安全 安泰 

世界の誰もが願う幸せの法則

7条が成立して 万歳三唱 豪雨も猛暑もやってきます


 今日はとても疲れました

     





2009.07.19 夏の正餐
焼け付く地

小さな穴の中から

ようやく這い出て

背中より衣を脱ぎ捨て

蝉の初飛行

ジィ ・・・と短く鳴くと

地に落ちた

スズメの早業

一瞬の短い命は

生の儚さを 

穴から数メートルの旅立ち
  
 夏の正餐
    
   厳かに 由々しく 

  天敵は宿命というメニュー










外は微風

陽が傾き

静かな夕べに 月を

人に耐え難きものは

絶望という言葉

銀閣寺に月見台を造った古人は

世俗から身を隠し

月に行く末を委ね

静かに 鎮まるを待ち

後世に問うた

結果は未来に

土用に養生し

大暑をやり過ごすことが必至

  
  人は希望という己の欲求を

 常に八分に収めれば

  何事も絶望という境地には至らないでしょう


 
  文月 

   月が欠け 月満つるまで

 今宵は二十五夜
  
月を愛でる事が出来るでしょうか
2009.07.16 THE OPEN
ターンベリーでの第1戦

タイガーウッズに3打差でホールアウト

脅威の17才

夢の競演 シチュエーションは見応え満点

石川選手 謙虚さ 素直さ

ドライバーをアイアンに変えて

最小リスクで挑む姿勢 素晴らしい初日

2009.07.15 すずめ
強風吹き荒れる中

まだ生まれて間もないような

小雀がチィチィと鳴きながら

餌を探して枝から枝へと

羽も煽られ蹌踉けるように飛ぶ

頑張って と声を掛けたいほど・・・

この風はいつになったら止むのでしょう

小雀よ どうか頑張って 負けないで 

今日の糧を見つけられますように



2009.07.14 海ほたるへ
梅雨明け

夏休みで混雑する前に

夕方海ほたるへ

思っていたより海は凪いでいました

スターバックスでコーヒーを飲みながら

海を眺めて

航行する船 羽田から離陸する飛行機

観光船の灯りを見て

まだ橋が完成しない頃を思い出しました

木更津の高台から海を眺め

何時か橋が架かり途中からトンネルで神奈川へ

行くのだという説明を亡き夫から聞かされて

何度、海を見に出かけたことでしょう

そして橋梁架設完成後、渡り初め

アクアラインとレインボーブリッジは

思い出と言いようのない悲しみも

一緒に潮風にのってやって来るところです

若くして逝った夫の地図に残る最後の仕事は

来島大橋・・・

でも年月は色々なことを風化してくれます

今を生きる私は、明日を夢見て

過去を切り離すことなく

未来へと歩くしかないのですから

  少し霞んだ海 頬を撫でる涼風

 後ろ髪を引かれるおもいで

    暮れなずむ海を後にしました

  





2009.07.13 コンサート
今宵はJAZZコンサートでした

20代ニューヨークで1年修業したピアニスト

作曲も手がけ

バラードはとてもロマンティックに

ハドソンリヴァー

私のリクエスト サマータイム

黒いオルフェを友人がリクエスト

ちょっと早めの曲はベースが遅れがち

ドラムスも20代

バラードがとても引き込まれました

JAZZ ライブ

ノリノリになるには少人数で

カクテルもドライマティーニなら

オリーヴを口に 

   何もかも忘れて

      たまには酔いたいですねー


   
2009.07.11 Fendre
捨て猫の悲しみなど

  誰も彼も通り過ぎる雲のように

やり過ごし

  泣き声も遠くに置き去りにして

 しがらみさえも夜の闇へと吸い込まれ

噎せ返る車の排気ガスに

    飲み込まれる人混みと

  やるせない空気を吸うだけ

    鈍いベースの音が不協和音を

奏でても気付かぬ程 涙が目を覆い

    その底に沈む捨てられた愛など

  自分さえ捨てたい程なのに

  パラドックスは続く
  
切れ目のないフィルムのように

   何時までも回り続ける

 

 

  


みよこ@


 
  
   
     


  

   



 
君と過ごした海辺のレストラン

  アンティーク時計

   胸に刻む時の流れは

  いつの日からか 物語のように

   思い出を紡ぎ

 消えない過去を

   万華鏡の中に閉じこめた

 そこに見えるのは      

  悲しみのない

苦しみのない

    優しい笑顔と

  思い出の欠片だけ

  粉々に散ったガラスでさえ

     傷みなどなく

 鏡に映る幻影に過ぎない

    溺れる愛という名の万華鏡に

 掴み所のない夢を見るだけ

   愛という鏡を

      眺めて 溺れるだけ


みよこ@  


  未完成 故に 続きます

    愛の遍路へと・・・  







  












2009.07.07 小暑
朝から蒸し暑く

脳はその働きを最小限に

洗顔をしても目覚めない

辞書を目の前に

電子辞書を横目に

最短距離で目的の単語に辿りつきたい

時間がない

アルゴリズム   

脳が働かない

 空模様は薄雲の間より青い空

私の脳とほぼ同じ

  さっぱりと晴れる日はいつになるでしょう
今日は佐倉 川村美術館へ

午後から恩師ご夫妻の展覧会見学と

川村美術館にある「大賀はす」の花鑑賞

しなやかにそして甘美にさく桃色のはすの花

紫陽花の咲き乱れる小径から

奥に蓮池 羊草 午後2時(羊刻)に開花する睡蓮

大賀はすは悠久の時を経て

川村に咲いておりました

砥部焼きのお店や人気のパティシエのいるカフェ

色々忙しく動き回り

運転してくださった知人はさぞお疲れになったことでしょう

今日は半日なのに一日分の充実感

会場で久しぶりにお会いできた友人・知人に近況報告を

ご一緒したプロバンス好きの彼女は車もフレンチスタイルで

お陰で楽しいフランスやオランダ四方山話が出来

道中長い道程も楽しく過ごせました


1年ぶりの再会に

  驚きと何かのえにしを感じました

    笑顔のとてもチャーミングな方

初めてというはすの花を楽しそうに写しておりました

   きっと良い思い出になることでしょう


来週明けは仏語週末はジャズコンサート

月末は講演会

社会福祉法人の交流会

中核地域生活支援センター連絡協議会

暇だと色々声が掛かります・・・生きている証でしょうか

これから9月講演会の講演者探しに奔走しなくては

神は試練を与えてくださいますが、こなしきれません


















2009.07.04 沙羅双樹
夏椿

ぽとり ぽとり

白花の落ちる姿は艶やかに

その見事な軽業は

いつのまに情念さえも

忘れ去り

 潔さは 白さ故か 

夏椿

ぽとり ぽとり

 無常の風は

   足下よりふきて

 
みよこ@


   
BGM

  ショパン 別れの曲










2009.07.03 香木

デパートの1Fは香水 フレグランスで

じめじめした外気の嫌な匂いを消してくれます

私も香りが好きなのでつい購入してしまいます

今年の新作 GUERLAINの SHALIMAR

バニラフラワーの香り

「変わらない愛の香り」としてロマンティックな物語で

誕生したようです

時に香を焚いたりもします

今は合成が非常に多いのですが

香木が淡路島に漂着して以来

香は貴重なものになりました

正倉院にある「黄熱香」

沈香・・・・・その中の最たるものは「伽羅」

伽羅の香りは「心残り」のように香ります

貴重な香木はなかなか高価ですが

お香にしたものなら手軽に楽しめます

湿度の高いときほど香やフレグランス

で気分を爽やかにして

梅雨時を楽しもうと思います
今日は気分転換に銀座へ

宝町から外堀通りを抜け

車をプランタン駐車場へ

歩いて松屋まで

7階の画廊

以前個展を拝見したのでお手紙をいただいて

「錦織重治」様の油絵展

今回も信州の山々 森 地球岬など

とても清々しい絵です

現場へ出かけ スケッチし油をのせて

自宅アトリエでそれを元に新規に書き直すという

ご本人のお話にいたく感動しました

緑の絵の具の前に反対色の赤を下塗りしてから

緑をのせて描くのですと・・・ふつうノウハウなどは

あまり語りませんが錦織氏は

こちらの質問より先にお話してくださいました

7日まで松屋銀座で

その後イッタラのお店に

最近はかなり北欧のものが増えました

家具も食器も勿論ムーミンでお馴染みのグッズ

トーベヤンソン デザインのもの

それらは眺めるだけでも楽しいです

お昼を食べずに高速を走ったので

8階で食事を・・・

また地下に行きチーズ王国の隣にある

シャリュキュトリー・コダマのソーセージやサラミ

TAKANOのメロンパン・・・美味しいです

そろそろ帰らないと高速が混む時間に

と急いで帰路に

首都高速は取り敢えず流れて

京葉道路に入った途端に覆面パトカー

飛ばさなくて良かった

急いでいても無理は禁物です

気分転換に出向いた小雨模様の銀座は

7月という季節に入り平日でも

何となくざわめいておりました

   

2009.07.02 真実の隠れ蓑
清んだ水

泥はその水へと混ざり合い

やがて生き物は

水草へと隠れ

光と影に

明と暗に

そこは明らかに対比するものへの

真実を隠れ蓑とし

濁りの中へと滑り込む

 暗闇へと消え

屈折した光は

  静かに怪しく輝く


みよこ@



ニュースは同じ事を繰りかえし


日々変わりなく過ぎてゆく

  同じ事の繰り返し

   陽はまた昇り

昨日の続きを繰りかえし

   同じ事を見聞きし

   陽は沈む

飽くことなく

   日々同じ事を

もう飽きました

一体

  全体

 軌道はいつ修正されるのでしょう



      


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。