上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ネコを飼った事がないので

ネコの習性は分かりません

それなのに友人から「ネコを欲しがっている人がいるの」

という電話に早速知人に電話を

善は急げとばかりに

捨て猫を保護するボランティアのかたに

連絡を取っていただきました

午後欲しい方と保護者の面談

話はスムーズに進んで引き取られて

その際ボランティアの方から今まで使用していた部屋

猫の餌とトイレ一式をプレゼントされて

「飼っていただけるだけで嬉しいです」というお言葉まで

私は仲介をしただけ

車で約1時間の距離を往復し

愛でたし 一件落着 と。。。

でも家に着くやいなや その後どうしているのかしらと

双方に電話で確認し報告し

2度3度遣り取りをして アーきっと今夜は眠れないかもしれない

ネコも新しい家で眠れるかしらと心配

   両方から感謝されても何となく不安

無事に懐いて そして可愛がってもらえるように祈ることしか

   アー今夜は眠れないでしょう  きっと


 考えても 考えても 仕方のない事なのに不安が過ぎるのは何故?


自分はペットを飼えません

      自分もコントロール出来ないのですから・・・

どうかアメリカンショートヘアのグダちゃん・・・新しい名前 

最初の飼い主が捨てたネコ ボランティアさんに救われて

一生懸命懐こうとしている様子にいじらしさを

元気に生きて愛されますように。。。




スポンサーサイト
2009.09.30 雨 薫る朝に
金木犀の薫りを含んだ雨

馥郁たる気の中に

吸い込まれるように傘を広げた

神経の細部まで

薫りを仕舞い込んで

めくるめく思い出のシーンに

熱く流れるものを

抑えきれない

   雨 薫る朝に。。。

みよこ@
描いたものが夢で終わるのなら

もう現実から逃避するしかない

幻想を追いかけ

夢を彷徨い

迷い込んだ道で叶わぬ夢を見る

同道巡りは

まるでメリーゴーランド

幻想と夢の狭間で束の間の休息

息を吸い 息を吐く 

人が人をやめるまで

そうして回るだけ 見過ぎる夢と幻想という現実

狭間で息を吐き 回るだけ まるでメリーゴーランドのように


みよこ@

    




2009.09.24 封印
別れとはかくも悲しきもの

君を慕い

君を想い

嘆き

明日の命さえ献げんと

誓った約束も

粉々に塵と化し

ひたすら永遠と誓う言葉の虚しさよ

愛を閉じこめて

失われた時という

去りし日々を

閉じこめて

ただ頭を垂れ うっすらと浮かぶ

消えそうな面影に

愛を閉じこめて

耐え偲ぶだけ

魑魅魍魎たる世に置き去りし

別れとはかくも悲しきもの


みよこ@


     
        
2009.09.23 海辺
寄せ来る荒波

  彼岸の海は

    灰色に


  サーファーの車

轍に犬が走る

     太平洋は

波音を響かせ

       確かにそこにありました




      
数日前のこと 何となく雑誌をみていたら

スイーツのページ

甘いお菓子

忘れていたものを思いだして

早速準備に取りかかり

材料を仕入れに

ラム酒 ドライフルーツ 無塩バター

薄力粉 ベーキングパウダー アプリコットジャム 

バニラエッセンス ブランデー

美味しい香りを漂わせ約1時間

フルーツケーキを焼きました

 映画を観るのが好き

 本を読むのが好き

 次に好きなものレース編み

 その次にフルーツケーキやピザを作るのが好きでした

 映画と本以外は過去形に

本当に久しぶりに忘れていたお菓子を作って楽しみました


  フルーツケーキのために選んだ紅茶は

  フランスのマリアージュフレールのマルコポーロ

  ダージリンよりはしっくりします
  
  雨の日はレース編みでもしながらケーキを焼いて


    残したお酒を味わうなら

        ミモレや生ハム・オリーブとパプリカのサワー漬け

   お試しを

  
2009.09.17 初秋
山の毬栗が膨らんで

木陰で萩の花が枝垂れ

野辺に秋桜が咲き乱れる頃

風はもう秋の香り

庭の玉紫陽花が紫色に輝き

虫の音が懐かしく響き

ミツバチは蜜集めに忙しく飛び回る

 

       秋色に染まる

 季節の廻りに

     人恋しくなりました

 





2009.09.14 退屈な夜に
市川択司 作

「恋愛寫眞 もうひとつの物語」

市川作品は以前

「いま、会いにゆきます」

を読んだときにとてもピュアな内容に感動

映画も観ましたが

その後主演者が映画がきっかけで結婚し離婚したせいか

何となくイメージがダウンしてしまいました

今夜は本が先ではなくDVDを

作品の映画化の題名「ただ、君を愛してる」

いつも傍にいる人を

失ってはじめて気付く想いを

主演 玉木 宏 宮崎 あおい 黒木メイサ

監督 新城毅彦

淡く消える メレンゲのような 切ない思いを

作家 市川択司

人柄が作品の随所に 温かさ 心地よさ そしてさりげなく

愛を 想いを 人との出会いを

好きな作家の1人です

もし何かに迷ったら  何も考えずに見ると あるいは読むと

熱い涙がすーっと流れるでしょう きっと




   眠れない夜におすすめです

最後のシーンは「PSアイラブユー」に設定が似通っていて

どちらが先か分かりませんが・・・深く考えない方がいいかもしれません


 セピア色の思い出のシーンを胸に閉じこめて

     ・・・・・    
  




   



昨日から

色々疲れました

午後は思考能力が鈍くて

・・・・・熱はありません

ただちょっと考えることが低下して

夜のどしゃ降りが・・・・・

    
      苦手 苦痛 

 雨が私の心の中を見透かしているように

 大地を叩き付けるほど降りました

   色々洗い流してくれるでしょうか


      



2009.09.10 涙のわけ
グラス一杯の涙とともに

消えた私の真実

あー何故だろう

虚しさと一緒に飛んでいった

涙のわけなど

糾したとしても

きっと夢の中

あー何故だろう

さっぱりと涙を流したあとに


お天気雨が降り出した

みよこ@


  
2009.09.09 重陽の節句
陽が重なり

おめでたい日

この日嫁ぐと幸せに

杯に菊を浮かべて

月を愛で

 溢れる笑みを

   星に献げ

  
   今宵は吟醸を傍らに・・・と

朝から不埒な考えが・・・

  脳裏を占拠して。。。

 


   

   

   
2009.09.07 夕顔
白露に湿った秋草

 夕顔は静かな開花を

  儚い一夜を

虫と月とを道連れに

    ほの白く輝いて
   
昨日は東京インテリアセンターへ

幕張ベイエリア

陳列されたインテリア商品は

イタリア風 アジアンティック

色も素材も すぐに飽きがくるような

クッション 小物 何かが違う

街は様変わりしつつ

本質を見失って これからどこへ向いて行くのでしょうか

広大なスペースに

あらゆる品物が並んでいる

コストコ 一時はカルフールも

郊外型 車で そこに集客を

何かが違うように見える 不景気と使い捨てと

不確かな未来への 不安が過ぎりました

ドライブ途中の寄り道

海岸沿いは夏の余韻を残したまま

林立するマンション群

病院通り 

ホテル通り

新規オープン待ちのテナント

幕張ベイエリア 無常の時を刻んでいる


  
PS カフェでのティーブレイクは・・・・レモン&ジンジャーティーを
    



  

2009.09.06 憂い
大都市パリの憂鬱も

ニューヨークの憂鬱も

東京のそれとは

違うのだろうか

まるでマネキンの目のように

虚ろで

遠くを見ている

都会の空虚な静寂と

混沌と揺れ動く街

空からの光さえ遮断するほど

憂鬱で埃と塵に塗れている

汚れた空間を包む虚構の世界

何一つ真実を語らず

偽りに踊らされ

人は闇へとその世界へと紛れるだけ

みよこ@
2009.09.05 映画
今日は久しぶりに映画館へでも

何がいいのかしらとちょっと楽しみ

まだ先のことですが10月10日には

太宰治作品から「ヴィヨンの妻」

松たかこ・浅野忠信 

この映画も非常に楽しみ

最近はCGを駆使した映画が多くて

ダイナミックでいいのですが

もう少しキャストも少なくて見応えのあるもの

また内的な感情表現の豊かなもの

アクションはその良さも勿論あるのですが

個人的にはシリアスなものを期待したいです


ローカルな映画館には興行収益率の高いものが

優先されますけれど

渋谷や新宿まで足を運ばないと

なかなか観ることが出来ないものもたまには

上映して欲しいのですが・・・無理でしょうね

劇場へ行くほど暇がない方向けには

半年もするとDVD化されレンタルが始まりますし

空席の目立つ映画館では営業的に大変でしょう

映画にワープ出来る時間は

非常に自分をニュートラルに保つ大切な時です

  今日の楽しみを明日へと繋げたい








友人のゴールデンが天国へ

黄金色の毛並み

静かに召されました

昨日お別れをして


庭の檸檬は緑色

たわわに枝に下がって

暫く留守にしていた庭は

自然に戻ろうとしていました


愛車は主を待っていたかのように

なめらかな走り

車窓からの眺めは

喧噪を逃れた旅人にやさしい


今日 明日へと

カレンドリエの日が変わり

さようなら 昨日

今日も刻々と時を鳴らし

明日へと


ゴールデン 尻尾を振る

さようなら

一緒に散歩したあの道 あの公園

どうか安らかに







2009.09.02 夏よさらば
懐かしい音の調べ

虫の音は風さえさえぎり

静寂を破り

生への飽くなき音色を奏でる

秋の入り口で

豊穣の大地へと音を響かせ

夏よさらば

潔く さようならをしようではないか


みよこ@

  
2009.09.01 病院ー2
リハビリテーション施設の作業療法士・理学療法士

人数は70人

かなりの人数で行っております

女性はそのうち2割弱でしょうか

患者の年齢は中学生くらいから高齢者まで

ほとんどは救急で入院加療している方々

治療期間は約1ヶ月から長い方は半年の方も

救急受け入れの当番の時は一晩で10台くらいでした

近くに労災病院・大学付属病院・車で15分で県立病院等

ありますが、連携が以前よりはスムースに行われているようです

入院になるとバイタルチェック 夜間の看護師の挨拶

同じような質問等 何度か顔見知りになるまで入院の経緯を

話します 食事の好き嫌いから家族の状況

内科の医師の質問

整形外科でも内科・皮膚科もあります

薬剤師の薬の説明 管理栄養士の食物エネルギーの事等

ワーカーさん(ヘルパーさん)の清拭タオルの配布

ドアが閉じる暇なくめまぐるしく人が出入りします

馴れた頃には怪我の状態も良くなり周りを観察できることも

できましたが、夜間の眠れない日が続くと日中の出入りは

騒々しく感じられ ぴりぴり状態でした

ひとまず退院出来て感じたことは

仕事とはいえ人を相手にする職業は大変なことです

感謝を忘れないようにしたいと思いました

進化し続ける障害者用車いす

今回初めて車いすを経験

右手と左の使用が真逆にしないと方向転換出来ません

なのでどちらか片方の手が不自由ならばかなり難しい

毎日使用していると、かなりぎりぎりの狭さの所も

通過出来るようになります

タイヤがしっかりしていればかなり移動は楽です

ベッド上への移動も両足が不自由でも腕の力があれば

腰を浮かせて移動できます

片足が不自由ならば動く方の足でバランスをとり

移動は簡単にできます

肘掛けが上下するのも有りますが

一般的には固定式です

車いすから状態が良くなるとウオーカーという

前面が半円のものに移行します

寄りかかるようにして歩くものです(赤ちゃんの歩行器のような)

かなり体重の負荷を軽減できます

それがなれてくるとピックアップという一歩ずつ両手で

前に押し進め痛みのない足で前に進むものです

しかし腕と肩それに前屈みなりやすいので腰にも負担がでます

その次に使用したものは松葉杖です

松葉杖は何でもないときは簡単にみえたのですが

結構馴れるまで大変でこつがいります

脇の下で支えるのではなく胸の脇で支え手にかなり力を入れます

まして両松葉杖は結構疲れます

しかしある程度馴れてくると力の配分が上手になり

負担をかけずに歩けるようになりました 

階段は上る方が楽で降りる方が大変です

練習用階段は高さ20センチと15センチくらいのものを練習

家の外階段は18センチなので20センチ訓練の結果

楽にクリアできました

どちらにしても手摺やスロープは普段それ程必要性を

感じない生活でしたので今回は見直しました

フラットな床・スロープ・手摺・トイレの高さ

引き戸式ドアなどかなり病院は工夫されております

しかし一般家庭ではバリアだらけ

町の中もバリアだらけ

車いすからの目線と立ち位置の目線はかなり違います

高いところのものは届きにくく低いところは更に不便です

窓やカーテンすら開閉が困難になり、その度に看護師さんに依頼するのです

リハビリテーション施設は色々な道具が所狭しと置いてあります

それなりに片付いているのですが

回旋動作を禁じられていた私はちょっと曲げたり避けたりという

細かな動作をするとき非常にこのことが障害になるのです

道具類はOT/PTの方々が取りやすいように配置されています

ベッドも壁際にマシーンも壁か窓際に固定されています

マシーンとベッドは常に誰かが使用しているわけで

それらにぶつからないように松葉杖で歩行したり

車いすで移動するのです これも家でのリハビリの際には

上手く避ける方法を学んだようなものです

ステッパー30分というのは力不足の片足ではかなり

退屈で疲れる動作です・・・・・退屈というのは景色が一定で何も頭に浮かばない

私は語学の勉強をと小さなメモ用紙に単語を書き込み

前面の計測部分に貼って眺めながら足を動かしました

ジムでは音楽を聴きながらというところでしょうが病院では不可です

DVD映像やテレビを観ながらというのも将来的には有りと思うのですが(希望)

  それでは今日はこの辺で

  天から与えられた試練を受けた感想を述べました














上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。