上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.10.28 洋書
近くの本屋さんではなかなか

手に入りにくいものを求めて

「アンドリュー・ワイエス」

以前から気に掛かる画家でした

繊細  孤独  乳白色の使い手

飾らない風景 底知れぬ静寂感

絵は一度だけ美術館で

今回は画集を求めました


ANDREW WYETH is one of the most distinguished and

populor comtemporary American artists.

Born in 1917 in Chodds Ford, Pennsylvania, Wyeth has

lived and painted in the Brandywine Valley all his life.

His work has been exhibited widely at major museums

including the Metropolitan Museum of Art, Museum

of Fine Arts, Boston;the M.H. de Young Museum,

San Francisco; and the National Gallery of Art in

Washington D.C.

Wyeth is the recipient of numerous awards and honorary

degrees, including the Presidential Medal of Freedom.

華やかな絵からほど遠いのですが

忘れられない心象風景に。。。  


スポンサーサイト
2009.10.27 もう一度
もう一度あの頃に戻れるのなら

届けたい

精一杯の気持ちを

躊躇した時間

取り返しのつかないことを

後悔という言葉で締めくくりたくない

自分が何を求めていたのか

殺風景な景色の中

見失ったもの 

もう一度あの頃に戻れるのなら

届かぬ想いを引きずって

宙に浮いたまま

届かない風船のように

ただ浮遊する そして萎むだけだろうか



2009.10.23 美術館
所用で静岡県まで

帰り途中 真鶴半島へ

「中川一政美術館」

ひっそりと島の先に

茶室や展示室

ヒマワリ 薔薇 チューリップ

独特の存在感

92才の時の作品に魅せられてしまいました

暫くは図録で楽しもうと思います

忙しい日々の中のひととき

美術館は大切な自分時間の場所です
林武の薔薇は銀座の「薔薇画廊」で

中川一政の薔薇の絵は一度だけ「川村美術館」で

近々中川一政美術館に

所用ができたので、ついでに立ち寄ろうと思っております

インディアンレッド

中川一政が持っていたこの色を岸田劉生が気に入って使用したという

曰く付きの色

ペインスグレー

インディゴとウルトラマリーンに似て非なるもの

セザンヌの「ビクトリア山」に描かれている色

変わった色を好んで使用している

自分色

個性の強い色は何にも染まるようで染まらない

反発ではなく主張なのだと思います

独特の画風にとても興味があります


    

   




2009.10.17 シネマ
「私の中のあなた」

キャメロン・ディアス

アビゲイル・ブレスリン

ベストセラーの映画化

涙の準備を 頬に流れるままに

理不尽な 本人のためではない延命

1人の命のためにもう1人の犠牲者を

        挿入歌 ヘブンの歌詞が切ない

神の手を離れた人の命

  あらゆる合法的な延命に

    警鐘を鳴らす

 命は長いだけが良いのだろうか・・・

   
   秋の黄昏に

     色づいた葉

光もやがて影を落とし

  無常の時を刻みます

    そうしてやり過ごすのです

  命を明日へと運ぶのです

          

2009.10.14 陰と陽
津軽の二人

太宰治と棟方志功

じょっぱりとかだくら

そのひとり太宰治の「ヴィヨンの妻 たんぽぽと桜桃」

映画は本を忠実に再現してくれました

陰 あくまでも暗く 

これ以上生きる価値がどこにあるのだろうと思わせるほど

太宰と客観視するもう1人の太宰が混在する

やるせない哀しみ 

4才になっても話せない息子

陰に籠もる理由がそこかしこに アルコールを飲まずにいられない弱さ

現実逃避 妄想 病気 自殺未遂

そして 自殺 それは計り知れない恐怖からの逃亡

今日の映画は・・・自暴自棄から生まれる作品のための試作的な生き方に思え

私には心地よいものではなく 

むしろ嫌悪感すら抱いてしまうのは何故だろうと

     もう一度一連の太宰作品を読み返す事にしました



2009.10.09 皆様へ
当ブログにご訪問くださいます皆様へ

いつも拍手やコメントいただきまして有り難うございます。


先日来の列島縦断台風の被害状況が次々と報道されておりますが

皆様の所は大丈夫でしたでしょうか?

大型台風や地震等 避けられない天災に遭われた

方々の報道を見るにつけ胸が痛みます

多少なりとも影響を受けられた方々には謹んでお見舞い申し上げます

   

 
  
    

2009.10.08 天の怒り
激しく降る雨

怒り狂った風は何時鎮まるのだろう

甘んじて受けよう

天の怒りを

気が済むまで

その怒りを受け止めよう

怒濤の嵐

秘めた隠し事さえ暴くように

乱れる

虫は息を顰め 

行き過ぎるまで

そのままに

   怒りも 嘆きも 受け止めよう






2009.10.06 バラ
秋はお花がとても色鮮やかに感じます

清んだ空気のせいでしょうか

庭のメキシカンブッシュセージは

花盛りですが・・・切る気になれなくて

バラを・・・フクシアピンクとホワイトにベイビーピンクを

買い活けました

蕾も時間を追うごとに花びらが開き


   今宵の夢はバラ色に

     
  明日はどんな一日になるのでしょう


  

2009.10.06 精霊の住む国
天使が舞い降りる

その地  ガリア

ゲール語話す民族

精霊と共に輪廻

ケルト文化

アイリッシュレースに見られる静謐なもの

女神セクアナ・・・フランス セーヌ川の名前になりました

アルプス ドナウ ライン もケルト語

ガリアの地にフランク族が入るまではゲール語を話す民族

ガリア人・・・北に追いやられ 果てはアイルランドに

映画 ライアンの娘 静かなる男に見られるような

とても力強いそしてシャイで朴訥

あらゆるものに精霊が宿り

自然から生まれた アイリッシュ精神

ケネディを育んだその精神

エグザイルの民は世界に名を残している

アイリッシュハープの音色に草が揺れ

月の光に天使の誘惑

不思議な世界

     アイルランド 一度訪ねたい国です


~~  今朝のBGM   Enya - Exile ~~




   
   
2009.10.04 接遇
元日本航空スチュワーデスの友人

会う度に笑顔で相手の何かひとつ

必ず褒めます

髪型・服装・持ち物・・・

なかなか出来るようで出来ません

恥ずかしい気持ちもありますしお世辞に思われても

と思うからですが

タイミング良く褒めてくださいます

それは「接遇」という接客という業務

を徹底的に教え込まれているからでしょうか

それとも本来持ち合わせている

人柄というものでしょうか

人柄プラス思いやりという根底にあるものだと

思うのですが

それはホスピタリティ

人と人が出会いその時間を共有する

楽しくお互いに過ごすためにほんの少し

相手を思う気持ち・・・

それはその場を明るくし、話題を楽しい方向に持って行く

そしてそれぞれ抱えている悩みなどを少し緩和してしまう

魔法の「接遇」の技

会話のバランス 間の取り方 一方的な話題ではなく

聞く 話す 話題の豊富さ 思いやる気持ち

学ぶことが沢山有ります

今度またご一緒するとき

きっと新しい何かを習得出来るのを楽しみに

会うことが楽しいというのは未来が開かれるということ

  希望と喜びが明日を生きる糧に。。。
2009.10.02 雨上がり
ジミーヘンドリックスのカヴァー曲

スティングの演奏が流れて

ライトに光る舗道

変調が妙に気に掛かる

間奏に流されるように車を滑らせ

右に折れた

街灯が月夜を思わせ

曲のムードにしっとりと馴染む

雨上がり

    月は隠れたままに

    
   



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。