上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
一昨日から身体の調子が今ひとつ

とうとう昨日は病院に

疲れからということで

ゆっくりとすることに

おかげでオリンピックのエキシビションを観て

さすがにゴールドメダリストの演技は

すばらしい シルヴァーメダリストの

ロシア プルシェンコ選手 選曲・演技

どうして金は2人ではいけないのでしょう?

と思わせるほど・・・素晴らしい演技でした

キム・ヨナ選手のタイスの瞑想曲

好きな曲だけに引き込まれました

日本中がファンといっても過言ではないほど人気の

浅田真央選手 かなしいかな残念でした

個人的には僭越ですが・・19才の選曲ではないような

期待感が大きいだけに・・・

人生は何が幸か不幸かは分かりません

オリンピックを通して観る側も色々考えさせられます


一雨毎に冬から遠ざかり 萌いずる季節へと

何かを脱皮するにはいい季節

羽ばたけるそんな気がいたします
スポンサーサイト
2010.02.24 コンサート
知人がパイプオルガン奏者なのですが

3月19日夜9時から

場所は四谷 上智大学手前

聖イグナチオ教会大聖堂で演奏をします

曲はJSバッハ他

お近くでしたら是非 料金無料 お気持ち(パイプオルガン維持費)


今夜は青島宏志さんのコンサート

ちょっと気分転換にと知人からチケットをいただきました

なにか数年前を思い出します

その年は毎月毎月どこからかチケットが手に入り

クラシックコンサートを

なにか今年はそのような予感が・・・・・的中なら嬉しいのですが

 
河津さくらの蕾もほころんで

 春はもうそこまで来ているのに

  私はまだ春を受け入れられないのです。。。





2010.02.22 宿題
明日は仏語

オリンピックばかり観ていたので

宿題のパズルがまだ解けません

今夜は少し頭を使わなくてはいけません

少しは間違いでした・・・かなり手強いパズル

明日はちょっとついて行けないかも。。。

C'était difficile et ne le comprenait pas・・・と


初めて巨匠レオナール・藤田の絵を拝見したのは
茨城県笠間市にあります日動美術館でした
沢山の油絵の中にあってまるで日本画のような油絵でした
その乳白色はそれまで見たことのないような色
そこで足がとまりました
モチーフは気負った所がひとつもなくむしろ平坦で
自画像と婦人と猫でした
くっきりとした黒い強い線 色合いの柔らかさ
猫への愛情が伝わる絵でした
それ以来ずっと藤田の生きたパリ
エコールドパリ時代へ想いを廻らせております


2010.02.21 日曜の朝に



今朝はサラ・ブライトマンの歌声を聞きながら

2010.02.19 奈良のこと
青竹に杉の葉の緑

和紙を赤く染めた椿

二月堂

松明の火の粉を浴びると無病息災

奈良の都は古の儀式を

伝承すること 

東大寺 そこに息づく未来への伝言

ただひたすら平和を願う道

春日大社の奥 「ささやきの小道」に

馬酔木のトンネル 

神の使い 鹿に導かれて 志賀直哉旧居

「名画の残欠が美しい」と

高畑茶論 今年のミモザが待ち遠しい



    あおによし 奈良の都に。。。

奈良へ想いを馳せて


2010.02.18 雪の日に


雪降る寒い一日でした
2010.02.17 オリンピック
暫くぶりのUPです

皆様のご訪問 いつも有り難うございます

オリンピック

色々トラブル続きのバンクーバー

オリンピック反対のデモ 


スノーボーダー

品格をと・・・

あえて彼の応援をします

折角のオリンピック 想像を超える重圧に耐えて

一面だけを捉えるマスコミ 業界 

国会の品格は 品位を何処まで保っているのでしょう

スポーツ 特にテニス サッカーを間近で観戦した事のある方は

よくご理解できるでしょう 

勝負の世界への野次のここでは言い表せないような言葉

ラグピーなどはとても紳士的だそうですが

今の大人が明日の大人をつくると思うのです

与謝野晶子は向こう側からどんな風にみているのでしょう

吉田茂は何故こんな日本にと思うことでしょう

白洲次郎は「偉い人は嫌いだ」という言葉を遺しております

勝ち進んだ1人のスノーボーダーへエールを送ります

本当はカナダの雄大な雪原で滑りたいのでしょう

ハーフパイプもリュージュもとても危険な競技

どうか安全にと祈ります 命をかけるほどのスポーツではないことを

それでも果敢に挑戦する人に私は精一杯エールを送りたいと思います



私はスケートは出来ませんがスキーは少しだけ

ゴルフのほうが楽しいですが 

やはり1人で滑るより4人で

楽しく遊べるからでしょうか・・・褒め合いながら












少しのぬくもりを求めて
 
旅に出よう
  
汚れた気持ちを
  
 拭い去るために
 
少しのぬくもりを求めて  
  
旅に出よう
   
カモメのいるあの海へ
 
波の飛沫
    
白く渦を巻いたあの海へ
   
遠くとおく遙か彼方へ
  
少しのぬくもりを探しに
 
 人肌ほどのぬくもりを

君と行ったあの場所へ



   みよこ@ 
2010.02.03 節分
今夜は年の数だけ

豆をいただいて

鬼は外 福は内

玄関の外に柊と目刺しを飾りました

明日の朝はごちそうよ・・・小鳥たちに独り言

小鳥は虫の方がいいのかしら

豊後梅の蕾もふくらんで

野山が目覚めるまで

あともう少し 

  










2010.02.02 白い贈りもの
曇空から

白い贈りもの

しずかに落ちる

ふわり ふわり

夢の中

ブラン ブラン 

小鳥のあしあと

シュクレが融ける

久しぶりの空からの贈りもの


デザートは白くて冷たい結晶でした


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。