上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


特に置かれている立場に

絶大な影響力を持っている人

そのような方々のとても

信じられないような 耳を疑うような出来事

しかし 数秒間の世間へのコメントで真相は消え

ウッズは復帰

日本の保安は継続

人は所詮 人間だから弱いのでしょうか・・・

ブルータス お前もか・・・繰り返し行われ

みんなしている みんな同じ みんな許す

大らかな国家

懐が大きい 赦すことが美徳でしょうか

ゴルフのルールは厳しくすることで自分を制するスポーツ

アメリカにはタイガーウッズでさえも入場出来ないゴルフ場も

仮面の下のペルソナの真実を

もう少しスマートにプライベートを楽しめないのでしょうか

良く話される言葉・・・芸術家はそのような部分も含めて

芸術だから・・・。。。と

ゴルフはルールを遵守してこそ 潔さが

恋のルールも 基本は相手を傷つけないこと なのでは

世も末とはならないように 未来を夢見るキッズ達を惑わさないで

ポリスになりたい タイガーのようになりたい

か弱い子羊たちはいつ食べられるか不安で怯えてしまいます


連日の寒さのなか

暖かいニュースを期待して


スポンサーサイト
2010.03.27 花粉症
今まで花粉症では無かったのですが

数日前からくしゃみばかり

目の回りも少しかゆみが・・・花粉症?

それとも花冷えで風邪かしら

体調はくしゃみ以外はいたって健康

ビタミンを摂取しようかしら

それともゴルフ練習でもして気持ちの良いスエットを

考えているうちにハイヌーン

しなくてはいけない勉強もあるし

佐藤賢一(著者)の著書も読まなくては

午前中は「アイルランド紀行」司馬さん流

読書寄り道で「人間の建設」という本

これは対談を本にしたもので

数学者の岡潔氏と小林秀雄氏

全く異なる空間に身を置いてきたお二人が

どこかで「詩的」共感を

アイルランド紀行は二度目ですが、アイルランドへ

行く前段階のリヴァプールのことなど

読めば読むほど英国と愛蘭土の対比の面白さ

人間の面白さを窺い知ることが出来ます

午後はひとまず宿題と練習場へ

気分次第ですが・・・




    

  

   






2010.03.24 献花
踏まれても

 踏まれても

咲く野辺の花

切られても

 切られても

咲く梅の花

やがてたんぽぽ

  やがて青梅

君と別れし今も

 花は咲き

実を成し

  整然と廻る春野を

この寂しき

  天上に献げんと思う

 
みよこ@
2010.03.19 勧酒の詩
この盃を受けてくれ

どうぞなみなみつがしておくれ

花に嵐のたとえもあるさ

サヨナラだけが人生だ

 (井伏鱒二訳)

 
会えば別れが必ずや訪れ

さりとて会わずば何事も始まらず

別れを怖れて会わずには

とかく人の世に切なき会者定離

人が生きること 生を全うするために

何をせんや 何を成すや

この漢詩は

さっぱりと胸を打ちます

3月は何からか解き放たれる月

別れの月

  サヨナラ さよなら いつか またいつの日か。。。

2010.03.15 春なのに
寒気のする映画でした

シャーロック・ホームズ

ジュード・ロウ

好きな俳優ですが・・・役柄はいいのですが

作品の出来は今ひとつ 

リアリティを欠くような態とらしさに途中退場者が数名

俳優を活かせないシチュエーション

ジュード・ロウがとても重労働させられているような 

つい寒いギャグを言ってしまうほど

おすすめの映画ではありませんでした

たまには洋画も日本の「山桜」藤沢周平 原作

のような・・・

含みのある洋画を観たいと思いますけれど

最近はCGや3Dのように脅かし的な映画ばかり

俳優がセリフを言わずとも観客を感動させる映画

そのような映画を望んでいるのですが


日本の政治のようにハプニングや不祥事や裏切り

時代なのでしょうか・・・

舞台や映画の中なら嫌なら退場すればそれで済むのですが

国民を巻き込んでドタバタと円い議員バッジが

四角や三角に見えてしまうのは私だけでしょうか

働きアリの3割は働いていない

この広い世界に了見の狭いことばかり

   烏合の衆を纏めるいい知恵は?

ワトソン君 何か手立てを。。。
2010.03.09 寒の戻り
今日はまた冬に舞い戻って

なかなか

冬が去ってくれません

寒い 寒い 一日でした


   

2010.03.06 花影
在りし日の君は

春には花のひだまりに

香り訪ね遊び

在りし日の君は

桜の花びら肩に

夢の中

在りし日の君は

永遠に華の宴に

酔いしれて

在りし日の君は

 ただそこに桜になりし

 ただそこに花びらとなりし


みよこ@
2010.03.05 久遠
久しき遠き道

それは未来でもあり

過ぎ去りし日々

書き損じの文字のように

捨ててしまいたい過去のこと

やがて薄墨色になって

読み取れない過去となり

上塗りされる日々の消したい出来事

日々真っ新それさえやがて

過去へと流れていく

   無常の嵐は吹き荒れ

とぎれとぎれに真実が現れては消えてゆく

本当に真実など何処にも無いのでは

薄汚れた白を 清々しく白と錯覚が悪戯をする

久遠の日々を

過ごして 歩かねばならない久遠という

無期限の月日を

2010.03.04 三寒四温
豊後梅の枝にウグイス

金柑の実にヒヨドリが飛んできて

沈丁花の香り

マーガレットの花が咲く準備をして

スプリング  弾むような萌

お天気だけが気まぐれに

雨だったり 寒かったり 暖かったり

空の気まぐれに付き合って

 気分はふらふら だらだら

大好きな蝶々が飛び交うまでは

 ・・・
 
 早く菜種梅雨が終わってくれると嬉しいのですが。。。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。