上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.05.30 皆様へ
いつも当ブログご訪問くださいまして有り難うございます。

この度、毎回ご訪問下さいます皆様を一気にリンクさせていただきました。

尚、不都合な方はリンクを取りやめさせていただきますので当方までご一報くださいませ。

いろいろ書き込んでおりますが、基本的には「つぶやき」の範囲ですのでご了承下さい。

皆様と楽しくリンクさせていただければ幸いに存じます。

今後とも宜しくお願い申し上げます。


 庭の露草が咲き始めました

  花色は鮮やかなマリーンブルー

 古くは花田(縹色)色 爽やかな青色

  薔薇も咲いては雨にうたれ、虫も数を増やしている様子

 季節の移ろいの中で日々つぶやき

  想い 憂い 小さな幸せを胸に明日へと繋げて



<露草の花言葉>

尊敬 小夜曲 懐かしい関係


 











スポンサーサイト
2010.05.28 iPad
人類の欲求をどこまで満たすものなのでしょうか


欲しい? 欲しくない?

千差万別

何れ  携帯に便利な記憶形状 丸められるシートが開発されて

何れ  壁に どこにでもある壁でPLAY出来るような

何れ  どこでもリース 選べるアプリをリサーチ

何れ  会話をしてくれるメニューを時間制で

何れ  飽きて 開発を 

そして未来はどうなるのでしょう


   不安より期待を ゲノムで善良で丈夫で賢い人が創り出される時代へ

   平和を望み 争いをしない遺伝子を組み込み

そして未来はどうなるのでしょう


   愛Padであって欲しいのですが。。。

   
こうありたい

こうなりたい

しかしそこに厚い壁が

待ち受ける困難が

不都合な真実が

不公平な価値観に

平和で公平な社会ならば

平和や平等などという言葉は不要

人は生まれながら不平等で

不公平な社会の仕組みの中で

まるでパズルを解くかのように

すり抜け邁進し、ようやく死という

誰にも邪魔されない境地に達する

社会の表裏を真綿で包むように

隠しながら生きる

真正面から直視出来ないほど複雑で

猥雑な環境という世間を泳ぐ生き物

人とはかなり高慢で

柔軟で軟体動物のようにいつのまにか

消え去る 

巨大な現実を置き去りにして

希望という起こり得るかもしれない

起こり得ないかも知れない未来へ向かって

微かな望みというさぞ明るいであろう

未来へ向かって

曇ガラスの向こう側にきらきら光るものを

探し求めているのだろう

みよこ@
2010.05.22 ハイドン


今朝は当ブログご訪問の皆様へ感謝を込めて


2010.05.21 ガブリエル
薔薇の名前は意味のあるものと

人の名前を付けたものなど

さまざま

新しく苗木を購入して

暫くすると風で飛んでしまったり

最初から名札の無い

ナーサリーの片隅で売られていたりする苗木など

咲いても薔薇図鑑を参照してみても

当てはまらない花色・形

そこで私は自分流に名前を付けたりします

色々長い名前などあると

それも付け替えます 人の名などは抵抗がありますが

例えばオールドローズでシャポードナポレオンや

シャルルドゴール・モダンローズのマダム・サチ

それらは意味あるものとして

それ以外の数多ある名 いわゆる商品名

開発 交配を繰り返し土が変わると元の色がでてしまうものなど

薔薇好きの友人たちが気づかないような花系を

密かに代えるのです

名づけは交配者の特権ですが・・・自分の庭に咲いた薔薇に

相応しい名前をつけるのも密かな楽しみなのです

ガブリエルはもちろん登録された名前ですが、名前と花色が合わないのです

夕暮れにライトを浴びると怪しげな色なのです

香りもよく 名が似つかわしくないのです

ぼやっとした色合いにローランサンの絵を重ねてしまいます

「マダム・ローランサン」に代えようかしらと

アンクルウオルターという薔薇

情熱的な赤 「マタドール」に

その他色々・・・秘密に遊んで

土が合わなくて3年目にようやく咲いた「バターカップ」

それはもう諦めかけていたので感動です

その名前はそのままに

梅雨前の庭を華やかにしてくれる薔薇

色・形・香り 薔薇は気分を高揚させてくれます

そして密かな楽しみまでも

水と栄養とたっぷりの愛情を注ぎましょう




2010.05.19 薫風
5月の風に惑わされ

ふらふらと

当てのないドライブを

風が呼んでいるような気がして

窓を開け

髪の毛に暑くもなく寒くもない

風を感じる

空の雲も 街の様子も

さほど変わらないというのに

私は変わる

5月の風に伝えたい

変わりたいと・・・

2010.05.12 後朝
きぬぎぬ



湿った空気 

音さえ消え

余韻は絹衣の後先に

輝きは揺らめきに変わり

朦朧とした夢追い

迷夢の誓い

指先に濡れる涙

凡常がざわめいて・・・

みよこ@



2010.05.11 山鳩
独特の泣き声で

庭にやってきました

あまりにも近くに降り立ったので

びっくり

庭の木香バラを突いて花びらを散らして

満開の黄色いバラの香りに誘われたのでしょう

ようやく昨年からこの日を待ちわびた

オルレアホワイトレースフラワーも

真っ白い花を咲かせて

バラにいっそう華やかさを添えて

この至福の喜び

庭に迷い込んだ鳥は幸運をもたらすという言い伝え

燕の子の花のいわれを信じて

スズラン キャットミント ジャスミン

梅雨に入る前のひととき

春の花々は芳しい香りで癒しをもたらしてくれます




2010.05.08 抱擁
君の瞳から真実を読み取ろうとはしない

それははかなく消えゆく幻影

目を瞑り微かな風の音に耳をすませば

聞こえてくる遠い日

懐かしい腕の温もり

真実など虚しいもの

たとえ一瞬たりともその優しさに触れて

無言の吐息が夢を彷徨う

たとえそれが悪魔のささやきであっても

POSSESSION

抱かれし虚構の世界を妄想と人はいう。。。

みよこ@
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。