FC2ブログ
2010.01.29 講演会
地域包括支援センター

センター長をお招きして

お話を伺いました

まだ当地域は24時間体制ではないのですが

何れ24時間対応になるでしょう

相談支援は後見制度から

家庭内トラブル 高齢者認知症

ネグレクト等 様々な要望に支援をというものです

講演者は地域密着で

しかし、個人情報保護法がネックで

社会福祉協議会 市役所などの情報がなかなか得にくい中

モデル地区を2年前から担当している社会福祉士にお話をうかがいました

独居老人問題 高齢障害者 

バラバラな家族 親子でも関知しないケース

支援・・・家族は?他人任せでいいのでしょうか

職員が仕事に馴れた頃職場を離れる人も多いとききます

労働の割に報酬も行政とは違い低い職員 

特に質の高い支援を求めても職員がついて行けない現状

支援現場は何もかもフォロー これでよいということはなく

エンドレス 人のお世話はエンドレス

支援の仕方は支援員次第で中身も変わる

日本はこれからどうなるのでしょう

高齢化社会・・・

福祉に政党は関係ないと思うのです 党利党派を超えて

  人が幸せにその人らしく生きるということ

地域包括支援センター 大変な業務です

久しぶりの講演開催に充実した日となりました

来月はお休みしてまた3月にボランティア活動

 今度は何を計画しましょうか・・・少し疲れましたが。。。






  

  







Secret

TrackBackURL
→http://mkdiary.blog79.fc2.com/tb.php/1048-b324205a