FC2ブログ
2010.05.21 ガブリエル
薔薇の名前は意味のあるものと

人の名前を付けたものなど

さまざま

新しく苗木を購入して

暫くすると風で飛んでしまったり

最初から名札の無い

ナーサリーの片隅で売られていたりする苗木など

咲いても薔薇図鑑を参照してみても

当てはまらない花色・形

そこで私は自分流に名前を付けたりします

色々長い名前などあると

それも付け替えます 人の名などは抵抗がありますが

例えばオールドローズでシャポードナポレオンや

シャルルドゴール・モダンローズのマダム・サチ

それらは意味あるものとして

それ以外の数多ある名 いわゆる商品名

開発 交配を繰り返し土が変わると元の色がでてしまうものなど

薔薇好きの友人たちが気づかないような花系を

密かに代えるのです

名づけは交配者の特権ですが・・・自分の庭に咲いた薔薇に

相応しい名前をつけるのも密かな楽しみなのです

ガブリエルはもちろん登録された名前ですが、名前と花色が合わないのです

夕暮れにライトを浴びると怪しげな色なのです

香りもよく 名が似つかわしくないのです

ぼやっとした色合いにローランサンの絵を重ねてしまいます

「マダム・ローランサン」に代えようかしらと

アンクルウオルターという薔薇

情熱的な赤 「マタドール」に

その他色々・・・秘密に遊んで

土が合わなくて3年目にようやく咲いた「バターカップ」

それはもう諦めかけていたので感動です

その名前はそのままに

梅雨前の庭を華やかにしてくれる薔薇

色・形・香り 薔薇は気分を高揚させてくれます

そして密かな楽しみまでも

水と栄養とたっぷりの愛情を注ぎましょう




Secret

TrackBackURL
→http://mkdiary.blog79.fc2.com/tb.php/1090-f68eb2ac