FC2ブログ
2010.06.02 市民の嘆き
沖縄 普天間

基地 人が集まり そこになかった街が成り立つ

以前住んでいたところ

自衛隊落下傘演習場

ヘリコプターの騒音は耳が慣れるというものでなく

何時になったら止むのでしょうという感じ

しかし1年に1度夏祭り

地域住民へ日頃の演習に お詫びを兼ねて

基地開放 その日自衛隊員は人間もぐらになって

モグラ叩きゲーム ボールを当てる先は自衛隊員

そこまでしてサービス 幽霊屋敷あり

武器展示 等 様々な趣向を凝らして

平常は物々しい警備

座間の米軍キャンプでの花火大会では

中は米ドルで買い物 芝生に横になっての花火見学

日本のような風情はなく 連発花火

規模の大きさに驚愕

危機管理 抑止力 日常目には見えないところで

私達は守られているのでしょう

平和な社会においてはより平和を求め

何かが犠牲に もし移動する場所がなかったら

もし自衛隊だけで守るのなら 兵役制度

軍事力強化 復活

平和を維持するために今どうすればいいのでしょう

永世中立国 スイス 備蓄は常に他の国を圧倒している

米国は海兵隊の家族を含めた1万7000人のグアム移転を遂行中

予算の関係で5月決着という日本との合意

見えにくい外交 しかし守られている 敗戦国38度線で日本人同士が

戦わなくて済んだのは先人達の政治力だったかもしれない

声高に騒いでも 着々と世界は戦いを挑んでくる

経済的に 軍事的に

リーダーは常に孤独で 裸の王様で任期という期限付き

市民は1票を持ったまま 天を拝むしか手立てがないのでしょうか

党利党派などに振り回されて日本はかってない震度で揺れ動いている





     



Secret

TrackBackURL
→http://mkdiary.blog79.fc2.com/tb.php/1095-a67ca610