FC2ブログ
2010.06.03 Lucie Rieの魅力
裕福なユダヤ系開業医の子として

アールヌーヴォー時代ウィーンに生まれ

ナチスの迫害を逃れて

1938年イギリスに

バーナード・リーチに師事した後

ルーシー流を完成させる

日常食器というより造形美

繊細なフォルム

酸化クロムを象嵌してピンクに発色させた

ピンク線文鉢 淡い色

溶岩釉を刷毛塗り

素焼きをせずに釉薬を付けてから焼成

独特の信念のもとに創り出される遊び心

ルーシー流儀

晩年は三宅一生にボタンを焼いて

繊細な作品からは想像できない力強い腕

数少ない女流作陶家

時として運命はその運命故に輝かしい作品を生む

  ルーシー・リー展 
  国立新美術館6月21日まで

  オルセー美術館展
  国立新美術館8月16日まで


  
  







Secret

TrackBackURL
→http://mkdiary.blog79.fc2.com/tb.php/1096-4808d7ff