FC2ブログ
2010.07.13 読書
読書

「朗読者」を読んで以来

読み物は雑誌の類ばかりで

久しく遠ざけていた本をまた読むことに

「英国流、質素で豊かな暮らし」出口保夫
「フィンランド駅へ」上下 エドマンド・ウィルソン
「モーツァルトで癒す」ドン・キャンベル
「アイルランドを知るための60章」海老島均
「洲の内徹が盗んでも自分のものにしたかった絵」洲の内徹

洲の内徹著の本は画のコレクションが興味深く

今は亡き人々の画とその内面 購入時の様子など

大変興味を引きました

大分前にあるデパートでレオナール藤田の素描

それもゴミ箱に捨てたものを皺をのばして額に入れたものを

見たことがあります

それ程高価ではなく購入しようか迷ったのですが、やめたこと

があります 

そんなこともあり、洲の内コレクションの中には世に出すには

憚るものの類も多々ありまして、画家が生きていたらプライドが赦さず

捨てて欲しいと願うものもあるように感じましたが

今は亡き画家やその画家を知る友人たちもこの世に存在していないので

なんともかってな想像でしかありません


  本日は朝から暑く、気分は読書より爽やかな風を求めて

  出かけたい気分です


今朝のBGM
 
モーツァルト ピアノコンチェルト 第20番K 466第2楽章



  
 



Secret

TrackBackURL
→http://mkdiary.blog79.fc2.com/tb.php/1126-5ce46612