FC2ブログ
2011.01.24 クロワッサン
物の本によりますと

クロワッサンはウイーンから

14才でフランスに輿入れをした

マリーアントワネットによってもたらされたと

何層にも重なったクロワッサン

美味しいクロワッサンにお目にかかりたいのですが

天然酵母ではなくかるいものばかり

フランス人でなくとも朝食をクロワッサンにと

あの魅力的な朝食をいただきたいと

友人はパリのコルドンブルーで修業し

パンを冷凍にして日本に持ち込んだと話してくれました

近くのスーパーやパン工房でも

パリで食したようなクロワッサンに出会えません

明日は仏語のメンバーと新年会

どんな情報が得られるかちょっと楽しみです


追記

 因みにマリーアントワネットは民がパンもなく
 苦しんでいるのを聞き「パンが無ければお菓子を」と
 言ったそうですが・・・
 コンコルド広場に散った多くの貴族たち
 「和解」ののち 世界中の人々に三日月を印象づけて
 います。最初はイスラムの人々のために作られたクロワッサンも
 今日ではパリジャンとともにフランスでは無くてはならない食べ物に
 なっていますが、和解の広場といい自由の女神といいフランスは
 調べれば調べるほど面白い国です。


   




Secret

TrackBackURL
→http://mkdiary.blog79.fc2.com/tb.php/1176-315fea0c