FC2ブログ
2013.06.01 アナベル
円くふさふさとしな垂れるようにさく

アナベル 白く さらに白く

その花をそっと両手でささえてみた

見たこともないフェアリーがそこにいるかのよう

今年の夏は暑くなる

そう なんとなくアナベルを見てそう感じた



最近の私はすっかり堀江敏幸の文に魅了されて

しまっている 

その文章にフランス的な言い回しが

堀江さんの柔らかいそして優しさ

単なる優しさではない 人間を見るまなざし

思慮深さ 意表をついた表現力

曖昧ではない はっきりとしたもの

時には人の背面から覗き込むような

傷つけず 包み込むような 安心感のある

堂々とした文章に 感激してしまうのです


   今朝のアナベルは陽を浴びて

 一層白くまぶしく

     沢山の妖精がそこかしこにいるような

  ジャン・コクトーの 鏡の詩などはねつけて

      私の耳は妖精たちのささやきを
 
 聞き逃すまいと微かな蜂の羽音さえ騒音となって

    しまうのです

      さようなら青い春よ

   静かに春とお別れしよう

     幼きころの初々しい夏を思い出しながら


    みよこ
  

Secret

TrackBackURL
→http://mkdiary.blog79.fc2.com/tb.php/1245-402ae42b