FC2ブログ
2013.06.17 雲の上
善き人

そんな印象の方でした

私が初めて14代酒井田柿右衛門様にお目にかかったのは

ホテルでお酒を楽しむ会の席でした

そのときその人柄は物腰に表れておりました

穏やかで もの静か

包み込むような温かさ 温厚な人柄

その後何年か過ぎて 知人の経営するお店で

目の前でしずかに杯を傾けるお姿を

佐賀県出身の友人は 雲の上の人 と

佐賀ではめったにお目にかかれない人と

何かのご縁でしょうか その後 又

陶芸家 神谷紀雄先生のお宅で

このときは沢山の陶芸家が集まり

宴たけなわの中 色紙にサインをおねだりしました

快く 達筆な筆さばきに魅了されました

宝物です   柔らかい手 今思い出すと

あの指で野の草花を描き あの手で秘伝の釉薬をと

なんと恐れ多いことを サインをいただくなんて

大事にしたいと思います

ほんとに雲の上に逝ってしまわれたのですね。。。

マイセン窯にも影響を与えた日本が誇る有田焼

柿右衛門窯 国家の損失 まだまだ活躍してほしかった


  謹んでご冥福をお祈り申し上げます

Secret

TrackBackURL
→http://mkdiary.blog79.fc2.com/tb.php/1246-2ff7a976