FC2ブログ
2007.11.12 モンマルトル

メトロの駅からモンマルトルの丘まで


傾斜した道を行くとケーブルカーがありました


乗り放題の切符でサクレクール寺院の手前まで


数分のこと


モンマルトルの丘は狭い道


お土産物屋さんレストランそして小さな公園には


似顔絵描きの絵描きさん


小さなイタリアンのお店でオニオンスープ


スパゲティをいただき狭い店内の1階ではピアノ弾きがリクエスト


に応じて色々と弾いていました


時間の都合でお土産も自由に選んでもいられず


サクレクール寺院のステンドグラスを見てから下のメトロまで


降りました


足早に歩いて地下鉄に乗るのが日課のようになって


毎日あちらこちらを見て歩き


どこに何があったかデジカメの記録を見ながら


確認するような状況でした


今回はパリ第3区の区役所に行くのが目的なので


その用事を済ますまでは何となく自分時間がないような


そんな旅でした


それでもパリで先生や奥様にお会いしたときは異国の地


で知った方に会えた事で本当に感激しました


画家佐伯祐三がパリに初めて船で行った頃は


さぞかし現地にいた里見勝蔵画伯との再会に胸躍る面持ち


だった事でしょう


大森良三先生は里見勝蔵の最後の弟子です


佐伯祐三をブラマンクに紹介したのも里見画伯


当時のブラマンクは佐伯の絵を見て「こんなアカデミックな絵なぞ見たくもない」


と言ったそうです


それからの佐伯の独特の画風は郵便配達夫に見られるような何とも言えない深みの


ある絵に変貌して最後は病に倒れるまでパリの地で絵を描いて


その後里見勝蔵画伯は日本に帰り90歳くらいまで絵を描いて


大森先生はその頃出会ったそうです


パリのエスプリを描いて今回の受賞になった訳ですが


佐伯祐三が歩いたパリの街角にある広告塔は昔とは違いますが


今でも広告塔は丸い形で街角に立っていました


モンマルトルはモジリアーニやユトリロが今にもその角から


現れそうなそんな雰囲気のある場所でしたが


短時間で色々回る忙しい旅では裏道の方までは行けずに後ろ髪を


引かれる思いでそこを後にしました


 


パリの空の下


 セーヌは


   常に時代とともに流れて


人々の心の中深く


  印象づけるものでした


 


 


 

Secret

TrackBackURL
→http://mkdiary.blog79.fc2.com/tb.php/243-cd27536c