FC2ブログ
2008.04.16 『贖罪』
自尊心が過ぎると
  
  人を裏切り

 取り返しのつかない嘘

  人の人生を変えるほど

闇雲に立ち入る隙間に

  運命の悪戯か


『贖罪』
     
  久しぶりに映画館へ

300人収容の映画館はたった6人ほど

  戦争の悲惨さ
故意による
  罪の償い

  最後に残る作家の
一生の重い荷物
 懺悔とつぐない

  何ともし難いエンディング

少しセンチメンタル

グレートブリテンとブルターニュが
同じ民族というあたりがちらりと見えて

映画はいつでも
  新しい発見を
そして興味をそそる何かを宿題にする


女優キーラ・ナイトレイのノスタルジックなシックさが美しい










Secret

TrackBackURL
→http://mkdiary.blog79.fc2.com/tb.php/286-20b8ba8a