FC2ブログ
2008.06.20 紅いお茶
ティータイム

ベルガモットの香り

アールグレイ伯爵はこの香りを

発見したとき

どんなことから

紅茶に振りかけようと思いついたのでしょうか

私は何故かこの香りが好き

気持ちが落ち着くのです

特にアイスティーは

色々思い出がありアイスティーは苦手なのですが

アールグレイでいただくアイスティーは別

ベルガモットとオレンジの皮

香りが気分を和らげる

紅茶は色々バリエーションがあって

その日の気分でミントにしたり、ラズベリーにしたり

ミルクティーだけはどんなに美味しいと言われても

苦手

ミルクと紅茶を結びつけたくないのです

最近のお気に入りは

紅茶の葉・ミントの葉・オレンジのスライス・蜂蜜の

オレンジミントティー

シナモンティーとジンジャーティも

でもアールグレイには特別な思いが・・・

トワイニング紅茶

トーマス・トワイニングは最初

「トム」というコーヒーハウスを開業したそうですが

リプトン紅茶

こちらもトーマス・リプトンが

「リプトン」という紅茶を故郷グラスゴーで開業

サーの称号をヴィクトリア女王から授かり

サー・リプトン紅茶に

ブルックボンド紅茶

アーサー・ブルックはマンチェスターに

ブルックボンド商会を設立

茶葉を均一にして

ブレンドティーを考案したらしいです

LIPTON'S TEA 

Fills the world’s Tea-Pot 

ポスターも地球の絵柄のティーポットにインド人の女性が 

紅茶を入れている図柄です

文字通り世界中のポットを紅茶で満たして

サクセスストーリー

最初のティーカップも取っ手はついていません

ソーサーは深めカップはシノワズリー

東洋的な器

現在のようにバラが描かれたのはいつのころからでしょう

バラと紅茶は一対のようになり

今年は1896年のワイルマン窯の

スノードロップシェイプといわれる優雅なティー椀皿

スタイルを真似たものが出てきました

梅雨時のうっとうしい日も

午後はゆっくり紅茶でもいただいて


  紅茶あり遠方より来たる

    梅雨もまた楽しからずやと。。。

Secret

TrackBackURL
→http://mkdiary.blog79.fc2.com/tb.php/321-07ff87da