FC2ブログ
2008.09.09 スクリーン
見ようとした映画に少し遅れて
次の時間まで3時間空きが
買い物も特にないのにぶらぶら
他の映画はほとんど観たばかり
ここは歩くのに良い環境
歩いて歩いて 同じ所を
歩いて結局書店に入りました
ほとんどの人は立ち読み
書店によってはイスが用意されて
いたりします
どうぞゆっくりという感じです
やはり立ち読みはなかなか
する気にはなれずぱらぱらと捲るだけで
お気に召せば購入ということに
書店好きとしては色々な書店へ
並べ方も様々特徴ありで面白いです
距離はあちらこちらと離れています
作家シリーズで並べてあると凹凸が
できますがそれは探しやすいです
夜中2時まで営業しているところも
退屈な時は足を運びます
昼間より落ち着いて閲覧できますので
映画は「幸せの1ページ」
原題はニムの島
主人公ニムと言う少女と冒険家の小説
の著者との交流と言う設定ですが
夏休み向けだった映画という感じでした
9月より前に上映したらよかったのではと



夜更けて暗闇にくっきりと

浮かぶ半月と星 

明日は手が届くところにあるのに

星も月も

永遠に沈黙を守っている

言葉を失った二人のように









Secret

TrackBackURL
→http://mkdiary.blog79.fc2.com/tb.php/446-32b871c9