FC2ブログ
2006.07.30 病室の中で
小さな病室で
  10センチ程開いた窓の外を眺めて
 自分と外界との不自由さに
  痛みに怒りをぶつけた
天井にある換気扇に不自由さと
 痛みを吸い込ませた
  白い壁は痛みを無視し
 怒りも静かに受け止めてくれた
   体温の低さに
 体力の無さを並べて
  涙が頬を濡らした
    悲しくないのに涙は
 乾いた唇を思い切り濡らした
     痛みに明け暮れる日々
  悲しくないのに
 乾いた唇は
  何もしゃべらずに
    涙を欲しがり
 思い切り濡れた
  真っ白い壁に向かい
 何もしゃべらずに
    手はベッドのシーツを
 ぎゅっと握り締めた
Secret

TrackBackURL
→http://mkdiary.blog79.fc2.com/tb.php/46-e615046e