FC2ブログ
2008.09.17 石 partⅡ
石に纏わること

近江は石の宝庫

夥しいほどの石を積み上げるのに

昔の賢人はどのようにしていたのでしょうか

一説には

穴に一旦埋めて重ねてから

掘り出すという方法をとっていたらしいです

かなりの重量の重さをどのようにと

不思議に思っていたのですが

なるほどと頷けました

大阪城の石垣に使われた石は

香川県からという話ですが

松前からの昆布で滑らして運んだとも

言われています

本当のような嘘のような

なさそうでありそうな

竹を割いて水をかけ滑らすという

手法もあるそうですね

東大寺の大仏建立

大阪城に携わった石工

石工も渡来人からの直伝

立派な堅牢な城壁を建設出来たのでしょうね

鉄砲鍛冶といい

鉄があり石があり 草木染めの紫草があり

今は紫草は四国にしか自生していないそうですが

紫草の根はその昔おできの薬だったそうです

近江には底知れぬ不思議が

沢山有りそうです

伊吹山は石灰の山

そこに生息する蝮が富山の薬に

もぐさ(百草)も発祥の地

近江から始まる歴史は今でも謎解きに

苦慮するほど奥が深いですね



Secret

TrackBackURL
→http://mkdiary.blog79.fc2.com/tb.php/473-d07b98b4