FC2ブログ
2006.11.21 秋の陽だまり
花水木の葉が赤く陽に耀き
 木々の冬支度は
  短い日の中で
 少しずつ始まり
  人気のない港町は
 波の音だけが決まったリズムを刻んでいる
  高台から
 遥か向こうの岬の突端を
眺めた
 波に浚われた心を取り戻すのに
  何年かぶりに訪ねた
 アンティークハウス
穏やかな時の流れはそこにあった
   取り戻したい時間が
 いつもそこにはある
 
    
   

 
Secret

TrackBackURL
→http://mkdiary.blog79.fc2.com/tb.php/65-4329468e