FC2ブログ
来月は久しぶりに講演会を開催

講演者は「自閉症」という障害について

自閉症児と長年関わって来られた方にお願いします

知人が養護教師なので、自閉症児について

学校での関わり方を予備知識として学びました

講演会のチラシ配布の件でスタッフが各コミュニティーセンター

公民館等に置かせていただいた際

ある地区の公民館では許可されませんでした

と報告がありました

再度電話で確認すると、断ったのは館長で

市の後援が得られていない講演会(今回はこじんまりと夜開催なので)

についてはポスターやチラシは公民館には置けないとの回答でした

私は早速市民のためのましてや障害者団体への理解不足

と思い手を回しました(後方支援)つまり市議会議員さんから

PUSHです(圧力ではありません)

それでも許可されなければ「市長への手紙」という手段を

考えました

他の公民館・CCなどは置いてくださったので

どうしてなのか答えが欲しいのです

それぞれの公民館の館長によって規約が違うのか疑問なのです

このブログをもし幸いなことにお役所関係者がご覧になって

いるのであればご理解をいただきたいです

チラシをお願いに上がったスタッフさんは差別感を抱いたそうです

今まで何年もボランティア活動をしてきて

初めてのことです・・・この不祥事(軽率)と言っていいと思いますが

何かの行き違いならいいのですが。。。

県から助成金をいただいて開催してきた会ということを理解していない

任意団体としては珍しくNPOなどよりも公的な資金を使用していない

県の方からぜひ助成しますと言われて活動し続けている会に

なんと言うことを・・・お立場は大丈夫でしょうか・・・

明日お返事がいただけるようなので、明日まで待ちましょう

広く市民のための活動を支援・協力する場所が公民館

今や公民館は英会話・フラダンス・ダンス・書道

読み聞かせ・貼り絵・絵画教室などの活動場所になっております

そのような様々な人の集合場所にチラシを置いて感心を持って

勉強会に参加していただければ・・・障害者への理解が深まり

差別などがなくなり、地域で暮らしやすくなるはずなのです

政府の基礎が歪んでいると県・市まで揺らいでしまいます

しっかりと支える基礎を創ってほしいです


久しぶりに憤慨しております・・・少しだけですけれど

   公民館は広く市民のための場所ではないでしょうか。。。


追記

世間は障害者・・・特に身体に関しては大分理解されるように

なりましたが、精神や知的障害者に関しては、まだまだ理解

されておりませんこれが現状です

そのような中、自閉症児は家族が抱えきれない程、大変な障害です
   
少しでも理解者を増やして、支え合う事が出来るならばご家族や

勿論当事者にとりましても非常によいことにつながって行くと思います

  1人でも多くの理解者が増えることを願います

     
 

Secret

TrackBackURL
→http://mkdiary.blog79.fc2.com/tb.php/909-43def211