FC2ブログ
2009.07.11 Fendre
捨て猫の悲しみなど

  誰も彼も通り過ぎる雲のように

やり過ごし

  泣き声も遠くに置き去りにして

 しがらみさえも夜の闇へと吸い込まれ

噎せ返る車の排気ガスに

    飲み込まれる人混みと

  やるせない空気を吸うだけ

    鈍いベースの音が不協和音を

奏でても気付かぬ程 涙が目を覆い

    その底に沈む捨てられた愛など

  自分さえ捨てたい程なのに

  パラドックスは続く
  
切れ目のないフィルムのように

   何時までも回り続ける

 

 

  


みよこ@


 
  
   
     


  

   



 
Secret

TrackBackURL
→http://mkdiary.blog79.fc2.com/tb.php/920-23859323