FC2ブログ
2009.09.01 病院ー2
リハビリテーション施設の作業療法士・理学療法士

人数は70人

かなりの人数で行っております

女性はそのうち2割弱でしょうか

患者の年齢は中学生くらいから高齢者まで

ほとんどは救急で入院加療している方々

治療期間は約1ヶ月から長い方は半年の方も

救急受け入れの当番の時は一晩で10台くらいでした

近くに労災病院・大学付属病院・車で15分で県立病院等

ありますが、連携が以前よりはスムースに行われているようです

入院になるとバイタルチェック 夜間の看護師の挨拶

同じような質問等 何度か顔見知りになるまで入院の経緯を

話します 食事の好き嫌いから家族の状況

内科の医師の質問

整形外科でも内科・皮膚科もあります

薬剤師の薬の説明 管理栄養士の食物エネルギーの事等

ワーカーさん(ヘルパーさん)の清拭タオルの配布

ドアが閉じる暇なくめまぐるしく人が出入りします

馴れた頃には怪我の状態も良くなり周りを観察できることも

できましたが、夜間の眠れない日が続くと日中の出入りは

騒々しく感じられ ぴりぴり状態でした

ひとまず退院出来て感じたことは

仕事とはいえ人を相手にする職業は大変なことです

感謝を忘れないようにしたいと思いました

Secret

TrackBackURL
→http://mkdiary.blog79.fc2.com/tb.php/951-d7ad05a9